ワンランク上の「肌・心・体」のキレイを目指しましょう♬

menu

シャル・アンジュ

美肌を保つためのスキンケアとは?年齢に応じたスキンケアを取り入れるおすすめ方法

f36c93cb12839ff2b97f593642e29405

美肌を保つためには、年齢に応じたスキンケアを取り入れる必要があります。だから50代の女性が20・30代と同じお手入れをしていても、お肌の状態や悩みが違うのですから、同じ効果を得られるわけがありませんよね。

そこで今回は、50代の美肌を保つ為のスキンケアで大切なことをご紹介します。


50代ならではのお肌の状態とは?

50代になると体の変化はもちろんのこと、お肌や髪などさまざまな場所に違いを実感するはずです。年齢と共に女性ホルモンの分泌量が減少するなかで、肌の老化はどんどん進んでいき「たるみ」「シミ」「シワ」などの年齢肌特有の悩みつまりエイジングサインが深刻化してくる年代でもあります。更に肌のターンオーバーの周期も長くなり、一度肌トラブルが起こると、なかなか改善せず長引きやすいのも特徴です。

81396f91df211ee6bb7584b959264060

50代のスキンケアがしっかりとできていたかどうかで、その後のお肌の状態が変わってくるといっても過言ではありません。50代だからこだわっても…なんて思うのではなく、50代だからこそ自分のお肌としっかりと向き合い、お手入れをしてあげるようにしてくださいね。

50代の美肌を保つ為のスキンケアとは?

50代で美肌を保つ為にはどんなスキンケアを取り入れる必要があるのでしょうか?
実は、とてもシンプルなポイントを注意することが、お肌の老化を防ぐ鍵になります。

乾燥させない

f9a1b2b69db84e8d89af44e5575711e1
肌の乾燥がよりひどくなり、化粧水をつけても浸透率が悪いなと実感するはずです。さっぱりした化粧水だと乾燥しがちなお肌には足りないので、しっとりした保湿性の高いものを使うようにしましょう。洗顔してすぐに化粧水の浸透率をあげる為に、まずはジェリー アクアリスタをつけて、ローション→美容液→クリームのしっかりとしたお手入れで、お肌の潤いを保てるようにしましょう。毎日の洗顔もできるだけ、刺激が少なく保湿成分を配合しているものの方がいいでしょう。

あまりにも乾燥がひどい部分は美容オイルを顔全体につけて、蒸しタオルを表面におく「蒸しタオル美容法」もおすすめです。毎日ではなく1週間に2回ぐらいのペースで取り入れると、お肌の内部にまで潤いが浸透し、もちもちの触り心地のいいお肌を手に入れることができます。

室内に加湿器などを置き、常に乾燥しづらい空間を作ることも大切です。

紫外線防止

wpid-20150618115914

お肌の老化の8割は、紫外線が原因だと言われています。紫外線を浴びると「シミ」「ソバカス」の原因となるだけでなく、乾燥の原因にもなります。紫外線が一番強いのは、5月のGW前後になり夏場はもちろんのこと、一年中紫外線は降り注いでいますので、その時期の紫外線の強さに応じた日焼け止めの使用をおすすめします。

夏用の日焼け止めはSPF50など紫外線対策ができる代わりに、お肌への刺激が強いものが多いので、冬には保湿を重視したような日焼け止めにして、日常使いならSPF20前後のもので十分です。

顔に使うものは化粧の下地として使えるものにしておくと、日焼け止めを塗り忘れる心配がありません。外出先でもこまめに日焼け止めを塗るようにしましょうね。合わせて日焼け止め対策のアームカバーや日傘などを使い、Wでのしっかりとした紫外線対策を心掛けましょうね。

まとめ

50代のお肌は蓄積したエイジングサインがお肌の表面に出やすい時期でもあります。年齢など関係なく美肌を保ちたい、美肌になりたいと思う女性は多いはずです。50代のスキンケアの基本は「乾燥」「紫外線」この2つを意識することで、年齢に負けない美しいお肌を手に入れることができます。

また化粧水をつかう時にローションパックをしてみたり、クリームはたっぷりつけるなど使う量も少し多めを意識しましょう。どうしても浸透率が悪くなっているので、少量や規定量だと物足りないと感じるはずです。



関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


プロフィール

プロフィール
はじめまして!
管理人のシャル・アンジュ 50代です。

女として美しくあることと
キレイであることを
年齢や体型に関係なくいつも大切にしています。

ワンランク上の「肌・心・体」のキレイを目指し
人生を楽しみましょう♪

どうぞよろしくお願いします。

詳しいプロフィールはコチラです♡