ワンランク上の「肌・心・体」のキレイを目指しましょう♬

menu

シャル・アンジュ

若くても健康診断を受けていても安心してはダメ!血糖値の異常とその変化

%e7%94%98%e3%81%84%e3%82%82%e3%81%ae

食後ゴロンとしてTVを見てしまうあなた、甘いものに手を出しているあなた、今日から気にして欲しい血糖値についてお伝えします。いえ、私はまだそんな年齢じゃない、とか健康診断を受けてクリアしているから大丈夫、なんて安心していませんか?最近若くても、通常の健康診断では見つからない、ある血糖値の異常が問題になっているんですよ!しかもやせている女性でもなってしまう人がいるんだとか。

そこで今回は、血糖値について学びましたのでご紹介します。


血糖値の異常

血糖値の異常とは血糖値スパイクのことです。聞いたことありますか?

1日の血糖値の変化ですが、一般的に食事をすると、一時的に血糖値は上がりますが、正常の人は、140を超えることはありません。一方、糖尿病を患う人は、常に血糖値が高い状態が続いています。

血糖値スパイクとは、食後に急激に垂直に近い形で上昇します。さらに140のラインを超えていくものを血糖値スパイクといいます。1日を通して毎回食後に出てくると、怖い病気につながるかもしれないということです。

最近特に問題視されているのが、空腹時の値は正常なのに、食事後、急激に上昇して140を上回り、その後、速やかに正常に戻る状態。これこそが血糖値スパイクなんです。

食後の血糖値の変化

血糖値が正常だという女性20人に、通常の健康診断を行うように、お腹をすかせた状態で血糖値を測定すると、空腹時は、みなさん110未満で確かに正常値でした。その血糖値、食後、どのように変化するのでしょうか?

食べてもらうのは、果汁入りジュースとおにぎり2個。時間がない時にちょっとありがちな組み合わせですよね。食後1時間、140以上上回っていると、血糖値スパイクがあることを示しています。調査の結果20人中9人が、食後血糖値が急激に上昇していることがわかりました。

だいたいどれくらい全国に血糖値スパイクの危険があるという人は、推定で1400万人以上いるのだとか。意外と多いのですね。でもこんな大事なことを今頃言うのかは、血糖値がリアルタイムで図れるようになったということです。それが、最新式の血糖値測定器です。小さい針がついていて、この針を体に刺して生活すると、1分毎に血糖値を測ってくれるんですね。機器をかざすだけで簡単に血糖値が測れるのです。しかし今研究中で販売はされていません。来年春ごろ販売の予定?

健康診断とか、人間ドックで血糖値を測るときは、空腹時の状態の時で測るので、スパイクのある人も通常の人もあまり替わりがありませんが、食後を見ると大きく開きがあります。本当は、食後を測らなくてはいけないのだけれども、現在の健康診断では、空腹時だけを見ているので、なかなか自分では気が付かないということです。

間食が多いとどうなるか

食事をして血液中の糖が増えると、すい臓がインスリンを出し、細胞内に糖を取り込むように促します。間食をしても糖が増えるたびに、インスリンを出して対処するので、血糖値の値は変わりません。

しかし間食が多いと、すい臓が次第に疲弊していきます。つまり疲れてしまうんですね。そこに食事などで大量に糖が入ると。すい臓が十分なインスリンを出せなくなってしまうのです。そのことが、血糖値の急上昇に結果となって、つながってしまうと考えられているのです。

これが、典型的な血糖値スパイクで、糖尿病の初期もしくは、あと1歩で糖尿病という状態です。今このまま放っておいたら、10年後、いや5年後、速くて3年後には、薬を飲まなくてはいけないかもしれません。

一方、放っておかなければ、もしかしたら何も薬を飲まなくてもいいかもしれないし、ちょうど分岐点なのです。すい臓を休ませることも、大事なポイントになってきます。今回、間食というのがポイントのように見えましたが、専門家の方によると、間食の数が多いと、結果として、血糖値スパイクが起きている人が多いということなんですね。

但し、多いということに意味があって、間食しているからと言って、みんながスパイクかというと、そうではないのですね。これは、一つのサインと捉えてほしいということです。

血糖値スパイクになりやすい人

・肥満
・極端なやせすぎ
・肝臓が悪い

それは、インスリンの効き目が弱いということです。肥満の人は、脂肪細胞が悪玉化します。インスリンの働きを邪魔するようなホルモンを一杯出すので、効き目が悪くなります。インスリンとは、筋肉や肝臓に働いて、糖を処理してくれます。痩せている人は、筋肉が少ないので、効く場所がないんですね。肝臓でも脂肪がついてくると、インスリン作用が悪くなってしまうので、血液の中にたくさん糖分が偏ってしまいます。バランスが良くないといけないということです。

思い当たる方は、食後の1時間後に血糖値を測って、血糖値スパイクを見つけるのがいいかもしれませんね。

薬局やインターネットで簡易血糖測定器が買えますよ。

d58dfcc972a8b9ee4a800f5703361777

95348ed7e3da7aa957e6693cbb444ae0
この簡易血糖測定器で、食後1時間後の血糖値を測ると、数値がわかるので調べるとか、人間ドックであと2000円出すと、糖負荷試験というので調べてもらえます。

又、腸の働きが弱い人、つまり便秘や下痢をし易い人も、インスリンの出るタイミングが遅いということで、血糖値スパイクになりやすいということです。腸は、賢くて血糖が上る前に知らせてくれるんですね。ところが、その働きが弱い方は、上手く伝達してくれないので、知らない間に血糖が上がってしまうということです。

腸の運動を良くするのは、ちゃんと食べることです。毎日の腸のトレーニングが大事ですね。急には良くならないので、日々重ねていかないといけないということですね。

血糖値スパイクが引き起こす病気

・糖尿病
合併症になると・失明 ・手足の切断 ・透析治療
・心筋梗塞・・・心筋梗塞は、心臓の周りの血管がつまり心臓の筋肉が壊死する病気
・認知症
・がん

血糖値スパイクの影響

心不全の患者を調べると半数もの人が、血糖値スパイクが起きていることがわかったのです。血糖値スパイクは、糖尿病の前段階でないのです。血糖値スパイクのは、それ自身が病気なのです。心臓に悪さをする、血管に悪さをする、これが循環器疾患を作っていっている現状です。

動脈硬化の多発、これこそが血糖値スパイク特有の症状です。ではなぜ血糖値スパイクは動脈硬化を多発させるのでしょうか?
血糖値が急上昇すると活性酸素が大量に発生し、細胞を傷つけたり、コレステロールなどを酸化させてしまいます。それをもとに戻そうと、免疫細胞が血管の壁に張り付き、中に入り込みます。すると壁が盛り上がり、いたるところに血管の内側が狭くなり、それが血管のあちこちで同時に起こり、動脈硬化が多発するのです。

血糖値スパイクが起きるたびに血管では、動脈硬化が進行しているんですね。

血糖値スパイクがなぜ認知症やがんに?

認知症は、なぜ起こるのか?
心筋梗塞というのは、心臓の血管に活性酸素がすごく影響しているのです。同じように脳の細い血管におこるのです。活性酸素というのは神経細胞そのものに悪さをするのです。だから脳の機能が悪くなって認知症が進んでいきます。

がんは、なぜ出来るのか?
インシュリンの効き目が悪いとか、タイミングが悪いと、ダラダラとたくさんのインシュリンが出るのです。インシュリンとは、細胞が増えるのを助ける作用があるのですが、がんは、細胞が増える病気で、がんになりやすいということです。女性は、がんが多いのですが、まさにこのようなメカニズムになっているということです。

すい臓がんは、たくさんインシュリンが出すように、すい臓が頑張ってしまうと、すい臓にがんが出来るということです。

女性に多い大腸がんや子宮がん、乳がんは、血糖値スパイクとがんの問題、大きいのです。女性ホルモンというのは、活性酸素を抑える作用があるんですね。だから女性の方が長生きなんです。しかし閉経後は、女性ホルモンがなくなってきますと、こういう病気が起こりやすくなります。タバコを吸っていると重症化してしまいますので、高齢になるほど気をつけないといけないのですね。

まとめ

血糖値スパイクがあると、糖尿病に進行する可能性が高くなったり、急速に血糖値が変化するたびに、あちこちの血管が傷つくことで、心筋梗塞、がん、認知症などを引き起こしたりすることが明らかになってきたのですね。若いからとか、健康診断を受けているから大丈夫なんて安心は出来ませんね。心配な方は、簡易血糖測定器や病院で調べてもらうのがいいかもしれませんね。



関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


プロフィール

プロフィール
はじめまして!
管理人のシャル・アンジュ 50代です。

女として美しくあることと
キレイであることを
年齢や体型に関係なくいつも大切にしています。

ワンランク上の「肌・心・体」のキレイを目指し
人生を楽しみましょう♪

どうぞよろしくお願いします。

詳しいプロフィールはコチラです♡