ワンランク上の「肌・心・体」のキレイを目指しましょう♬

menu

シャル・アンジュ

山瀬まみさん骨折!?若い女性が骨折する原因と予防する食べ物と摂り入れ方を紹介

e6bd55973b6c48de2a18f68aebbdf23a

山瀬まみちゃん両足骨折したんですね。高い靴を履いていて、左足をくじいて小指側面の骨が折れて、痛いから「あー」って飛び、右ひざで着地してお皿が割れたんですって!それは痛っかたでしょうね^^;

実は、40歳以上の女性にとって他人事でないのですが、骨折が増えているそうです。そこで今回は、若い女性が骨折する原因と予防する食べ物と摂り入れ方をご紹介します。


若い女性が骨折する原因とは?

ある調べによりますと、2005年は4万人だったのが、2015年には10万人近く、およそ2倍にも増えています。では、なぜ骨折する40代女性が増えているのでしょう?

若い女性の間で増えているのが、新型骨粗しょう症です。この「新型」なんて聞いたことないですよね。

骨粗しょう症

骨粗しょう症とは、カルシウムやリンが減り、骨密度が下がる症状のことで、年配の女性に多く、閉経によるホルモンのバランスの乱れが主な原因です。

新型骨粗しょう症

一方、新型骨粗しょう症は、骨密度は問題ない若い女性にも起こるそうです。原因は、気づかないうちに起こる骨の内部の「ある」変化だそうです。

骨は、カルシウムで形成されているのですが、カルシウム同士を結びつけて骨の強度を保つのが、コラーゲンです。このコラーゲンが、カルシウムとカルシウムの間でクッションのような役割をしますので、その衝撃を逃しているのです。

しかし、骨の内部のコラーゲンが固くなって、衝撃を逃がせなく折れやすくなったのが、新型骨粗しょう症です。しかもカルシウムもリンも正常値なのにです。

では、どうしてコラーゲンは、固くなるのでしょう?
コラーゲンは、糖分と結びつくそうです。だから甘いものを一杯食べて、血糖値が高いことで、骨折を起こしやすくなるということにつながるようですよ。炭水化物の好きなまみちゃんにとって、糖質が多かったのかもしれませんね。

ちなみに炭水化物とは、主に白米やパン、麺類、根菜類に多く含まれています。だから炭水化物を摂取すると同時に、糖質も摂取することになるんですね。

予防する食事と摂り入れ方

予防はいったいどうすればいいのでしょう?

食事

食事では、ビタミンDを摂るのがいいようです。ビタミンDは、きのこ類に多いので、この季節だと、舞茸なんかが非常にいいですね。高タンパク、低カロリーでダイエット効果やがん予防など「医食同源」の食材として注目されています。

large

舞茸ご飯、舞茸スープ、舞茸とサケのホイル焼きなど簡単にお料理出来ますよ。

e757d78ebd66c2ba86bd21d694dae487

ビタミンDが多い食材
きのこ類 サケ・マスなど

摂り入れ方

超簡単なビタミンDの摂り入れ方

fded8c210f3aaed0504e907f53b0fc50
ビタミンDを働かせるためには、日光に当たることが必要です。紫外線のことが心配ですが、手のひら1つくらいの面積に日光に当たればいいそうですよ。東京であれば夏場5分くらい、冬場なら20分くらい日光に当たれば十分ということです。

まとめ

骨にはカルシウムと思っていましたが、コラーゲンが固くなると骨折しやすくなるんですね。きのこ類やサケ・マスなどの食事と適度な日光浴でビタミンDを摂り入れ、骨を強くしましょう。



関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


プロフィール

プロフィール
はじめまして!
管理人のシャル・アンジュ 50代です。

女として美しくあることと
キレイであることを
年齢や体型に関係なくいつも大切にしています。

ワンランク上の「肌・心・体」のキレイを目指し
人生を楽しみましょう♪

どうぞよろしくお願いします。

詳しいプロフィールはコチラです♡