ワンランク上の「肌・心・体」のキレイを目指しましょう♬

menu

シャル・アンジュ

基礎化粧品選び方は3つのポイントで快適な化粧品を探す

新しい化粧品が出るたびに、気になるんですよね。効果が出るのだろうかとか、価格に見合ったものだろうかなど。期待して購入するのですが、はっきりした効き目が感じられずに、使い切らずに開封済みの化粧品が置き去りになったりしてしまいます。あなたもそんな経験ありませんか?

きれいでいたいと思い毎日ケアしている化粧品。実は化粧品だけで美しくなるのはむずかしいということなのです。なぜなら、化粧品は医薬品でないからです。
皮膚科の先生によると、本来の化粧品の役割は、肌をより健康的な状態に持っていくことや保つということだと言っておられました。要するに「きれいでいたい」という気持ちを後押しするアイテムだそうです。
化粧品の効き目がないといって使わないのではなく、自分がもっときれいになるために化粧品をどう活かすかを考えるべきなんですね。

そこで今回は化粧品の選び方のポイントをご紹介します。


自分にとって快適な化粧品を探す

自分の肌は、一生つきあっていかなければなりませんよね。。そのために化粧品選びは大切なのです。人が使っているからとか人がいいと言うから使うのではなく、まずは自分に合っているかどうかを判断します。

そのときの判断するポイントです。

・まずは使ってみてすぐの実感。化粧品のさわり心地や付け心地、そして香りなどが自分好み。
・その後、使ってみて2~3日たっての肌の様子。なんとなくでもいいのでよさそうと感じられる。
・そのまま1ヶ月ほど使い続けた肌の調子。だんだんと馴染んできた。

ここで1ヶ月続けるという理由なんですが、メーカーは継続的に使ったときに肌にどういうよい影響があるのか」というところを考えて開発しているのだそうです。女性は生理があったり、食生活や生活習慣などで、その時の免疫バリアが下がっていたなど、肌状態のゆらぎが生じたりするのだとか。
使い始めの頃、自分に合わないかなと思っていても使っていくうちにだんだんと馴染んでくるというケースも有ります。

肌質の弱い人であったり、肌トラブルを避けたいのだったら、皮膚科に行って化粧品成分に対してアレルギーがないかどうかをチェックしてもらってから使うのが安心ですね。またお店に行ってサンプルをもらってパッチテストしてから製品を買うのもいいと思いますよ。ただ雑誌やインターネットに掲載されている他人の使用感はあくまでも参考程度に。

こうしたちょっとした肌の変化に気づくことというのは体のメンテナンスには不可欠です。そのためには心に余裕があることが大切です。
肌のお手入れとは、心のゆとりに繋がる行為ですからキレイになれるんですね。自分にとって、もっとも快適な化粧品を探したいものですね。

肌質に合っていますか?

肌荒れを起こした時など、トラブルの原因は、化粧品のせいと思ってしまいますよね。実は、日本で販売されている化粧品というのは、国の厳しい基準とメーカーが行うテストによって安全性の良い製品といわれています。配合成分も安全性の確立されたものがほとんどなので安心です。

ではどうして肌トラブルが起きてしまうのでしょうか?
それは化粧品そのものよりも選び方や使い方が間違っているようです。

たとえばオイリー肌だったら本来ならオイリー肌用を使いますよね。それなのに乾燥肌用の油分の多い化粧品を使ってしまってニキビが出来てしまったというケースがあります。またマッサージクリームは決められた容量を使わずに、少量でマッサージしたために肌に刺激をあたえてしまって肌トラブルを起こしてしまったということもあります。

トラブルが起きた時は一旦中止して、使用量や使用方法を見なおすのがいいようです。

気持よく使っていますか?

化粧品を選ぶ時に気になるのがお値段ですよね。化粧品には、プチプラコスメから高価格コスメまでありますが、なんとお値段の差、驚きです!

庶民派の私にとって、高い化粧品とか有名ブランドだとかいっても化粧品ばかりにお金もかけられませんしね。それに肌に良いということでもないんですね。化粧品の良し悪しは価格だけでは決められないということです。負け惜しみではありませんが、低価格でも良い物はたくさんありますし、高価格でもそれほど効果を感じないものもあると聞きますよ。特に日本の化粧品の安全性は高く価格に左右されることはほぼないということなので安心です。

大切なのは使い心地。

実際に化粧品を肌につけた時に、肌がしっとりなめらかになった、透明感が出た、ハリと弾力が蘇ったなど効果効能も重要なんですが「心が満たされた!」とか「幸せ!」というような心地よさを感じるかどうかです。

化粧品を選ぶ時に、今までの思い込みを捨てて実感で選ぶようにしてみてはいかがでしょうか?

まとめ

一生つきあっていかなければならないのが自分の肌。ですから化粧品選びは大切です。周りから言われるのではなく、自分が使ったときの化粧品の使い心地が大切になってきます。美しい姿には心や生き様がにじみ出るものです。快適だと肌の調子も上機嫌上ですし、自分にあった化粧品で後押ししてやることで、さらに肌も元気になれるのではないでしょうか。



関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


プロフィール

プロフィール
はじめまして!
管理人のシャル・アンジュ 50代です。

女として美しくあることと
キレイであることを
年齢や体型に関係なくいつも大切にしています。

ワンランク上の「肌・心・体」のキレイを目指し
人生を楽しみましょう♪

どうぞよろしくお願いします。

詳しいプロフィールはコチラです♡