ワンランク上の「肌・心・体」のキレイを目指しましょう♬

menu

シャル・アンジュ

便秘を予防する食材とは?都道府県別便秘ピンキリランキング!

pixta_28080493_S-450x383

便秘とは、お通じが何日も無いのはもちろんですが、意外にもお通じの量が少ないのも立派な便秘なんです。そんな便秘、季節が変わる今こそ要注意!って知っていましたか?

大腸の専門医によると、腸はストレスの影響を非常に受けやすいそうです。だから気温の変動の激しい今こそ便秘が起こりやすいと言ってました。
そこで今回は、都道府県別便秘ピンキリランキングと便秘予防食材をご紹介します。


便秘の原因

abdominal-pain

腸の動きを司っているのは、自律神経なんです。新生活によるストレスや気温変動で自律神経が乱れ、便秘を起こしやすくなるとドクターは言います。でもたかが”便秘”なんて思いますよね。実は、便秘が、思わぬ病の要因にもなるんです^^;なんと心筋梗塞や脳梗塞を招く動脈硬化の要因にもなっているとの報告もあるんですよ。

では、なぜ便秘が動脈硬化につながっているのかといえば、便秘になると、腸での栄養の吸収に影響が出てきます。その結果、コレステロール値や血糖値が高くなることがあります。そして、動脈硬化を招くということなんですね。さらに肌荒れ、肩こり、腰痛の要因にもなるようです。

ちなみに便秘の原因は、水分不足、筋力の低下、食事や運動などの生活習慣が大きく関わっているようです。又、大腸がんなどの病気でも便秘を起こすことがあるようです。腸って大事なんですね。肌荒れの原因は便秘気味だったりするんです。

都道府県別便秘になりやすい県 ワースト3

(厚生労働省が実施している国民生活基礎調査を参考に便秘に悩んでいる方の割合で作成)

45位 三重県
46位 富山県
47位 和歌山県

なぜ和歌山県民に便秘が多いのでしょう?和歌山県民データによりますと、野菜摂取量、男性38位、女性37位。スポーツ行動者率、43位。1日の歩数、45位。たしかにどのデータも低いですね。他には、どんな背景があるんでしょうね。食生活では、どうやら和歌山県民は、お肉が好きなようです。

1世帯あたりの牛肉購入量全国1位は、和歌山市だったんです。さらには、豚肉、鶏肉、ソーセージなどの肉類全ての購入額全国4位。まさにお肉好き県民なんです!この季節、河川敷でのバーベキューが定番のようです。2週連続とか、3週連続とかバーベキューをするんですって。とにかくスゴイですね。

24b388d73f5efe9559d1f8231a455701

肉類は、丈夫な体を維持するのに必要不可欠なものですから、肉が決して悪いわけではありません。だたし、食べ過ぎには要注意なんです。肉類が腸内環境を悪化させてしまうのです。腸内環境は、善玉菌と悪玉菌のバランスがポイントなんですが、肉類に含まれる動物性タンパク質は、悪玉菌のエサになるそうです。つまり、肉をたくさん食べると腸内細菌のバランスが崩れ、環境の悪化につながる可能性が。その結果、腸の働きが悪くなり、便秘を招きやすくなるというわけなんです。

さらに、肉類というのは、便の生成量が少ないのです。そうすると、脳は、便を出せという命令を出せなくなります。したがって腸内に排泄物が溜まってしまうということになってしまいます。すると便の水分が奪われ、カチカチ状態に。さらなる便秘を招きやすくなるようです。

とはいえ、もはやお肉は我々にとっては欠かせない存在ですよね。では、いったいどのくらいなら食べていいのでしょう?

1日の肉類摂取目安
男性:150g  女性:100g

<メニュー例>
朝 ウインナー2本
昼 豚しょうが焼き 1人前
夜 ステーキ35g

肉を食べ過ぎたと思った日は、翌日は魚にするといいようです。もちろん野菜も1日350gとたくさん食べるようにしましょう。肉を悪者にしないためにもです。

都道府県別便秘便秘になりにくい県 ベスト3

(厚生労働省が実施している国民生活基礎調査を参考に便秘に悩んでいる方の割合で作成)

3位 鹿児島県
2位 高知県
1位 茨城県
*ちなみに私の住んでいる京都は5位でした。

なぜ茨城県民が便秘になりにくいのでしょう?それは、生活習慣や風習にその鍵があるのでは?

茨城と言えば、やはり納豆ですよね。スーパーの売場でもなんと32種類もの納豆が並んでいます。だから当然、納豆の生産量は、全国1位です。もちろん茨城県水戸市は、納豆の購入額1位です。ちなみにワースト1位の和歌山県は、全国最下位なんです。となると納豆と便秘は、何か関係があるはずですよね。

ee1ff2b1673fc21dbac93543349d36cf

 

ドクターによると納豆は、便秘予防に大きく期待出来るようです。便秘予防のポイントは納豆菌です。納豆独特の粘りを生み出す納豆菌。この菌は、腸内の善玉菌がパワーアップすることで、悪玉菌が弱り腸内環境が整い、便秘予防に繋がるそうです。

そんな納豆をたくさん食べているという茨城県民。きっと食べ方にも秘訣があるのでは?

茨城県民は、納豆を愛するあまり、何にでも納豆を入れたり(炒飯、オムレツ、パスタなど)、のせたり(ラーメン、ホットドックなど)するんですね。驚きなのが、アイスクリームに納豆!?納豆嫌いが克服できるかもしれないですね。

納豆を色々とアレンジする茨城県民ですが、納豆を使った郷土料理に便秘予防をされにパワーアップさせるカギがあったんです。それは、そぼろ納豆といって、納豆と切り干し大根が合わせたものです。優秀な納豆でも弱点が有り、豆に付いている薄皮を噛まずに食べると、とても消化に悪いようです。しかし切り干し大根が混ざっているので、自然とよく噛むことが出来、さらに食物繊維も豊富なので、まさに最高の組み合わせなのです。そぼろ納豆は、水で戻した切り干し大根を醤油とお酒で炒めて納豆に混ぜれば、ご家庭でも簡単に作れます。

他にも茨城のスーパーには、ヨーグルト類が100種類以上あるんです。ヨーグルト購入額は、全国3位。ワースト1位の和歌山県の購入金額は、全国ワースト2位です。驚くことにトイレットペーパーを大量買いするのが多いようで、全国購入額 全国8位。和歌山県は、購入金額、ワースト3位。これに関連付けられる理由が数字に出るんですね。

無題

なぜ茨城県民は、便秘が少ないのでしょう?その秘訣は、納豆意外にも、便秘予防に役立つと考えられる素晴らしい食物があるようです。それは、県民食とも言えるおやつ、干し芋です。では、なぜ干し芋が便秘予防になるのでしょう?

さつまいもには、食物繊維が豊富に含まれているからなんです。食物繊維が、腸を刺激することで動きが活発になります。さらには、食物繊維が、善玉菌のエサになることで腸内環境を整えてくれるのです。

さつまいも

食物繊維の含有量(100gあたり)
さつまいも 2.8g
キャベツ 1.8g
大根 1.4g
玉ねぎ 1.6g
ピーマン 2.3g
レンコン 2.0g

生のさつまいものでも食物繊維が多いのですが、干し芋にすることに大きな意味があります。高温で蒸したさつまいもは、熱い間に丁寧に皮を剥いて、大きい芋は、スライスして、小さい芋はそのまま網に並べ、乾燥室へ運びます。この乾燥させることが重要なポイントのようです。

dekitate01

食物繊維は、熱を加えても、干しても全く減少しません。乾燥することで食物繊維が凝縮され、手軽に多くの食物繊維を摂取することが出来るのです。干し芋の食物繊維は、生の2.7倍!

昔は、冬場の保存食として重宝されていた干し芋ですが、近年では、スイーツのように甘くしっとりとしたものに変わってきたのです。便秘予防が期待され、しかもおいしい最強おやつです。しかし干し芋やさつまいもは、カロリーが高いので、食べ過ぎにはご注意を。

さつまいも生産量第1位の鹿児島県も、便秘が少ない県で第3位です。やはり食物繊維は、便秘予防に大事なんですね。

便秘のキーワード

ねじれ腸

ねじれ腸とは、腸の形の異常のことで、腸がねじれていることで、便が引っかかり通りにくくなります。そうすると便秘になりやすくなります。逆にねずれずきれいな大腸の形の人は、ほとんど便秘に悩む人がいないようです。しかし日本人の8割がねじれ腸のようです。だから便秘になりやすい要因になっているかもしれません。

でもなぜ8割もの日本人は、腸がねじれているのでしょう?

ねじれ腸が多いのは、民族的な特徴で、顔貌が、欧米人と違うように、腸の形もバリエーションがあるようで、日本人は、便秘になりやすい民族だそうです。そんなねじれ腸、残念ながらねじれそのものを治すのは難しいようです。

しかし、ねじれ腸による便秘は改善が可能なんだそうです。ねじれ腸の人が全員便秘ではなく、便秘でない人は、体をひねる運動をやっているからなんです。ということは、茨城県民は、ひねる運動をしているのでしょうか?

3

茨城県
ゴルフ人口 全国3位
テニス人口 全国9位
社交ダンス 全国6位

決して1位ではありませんが、ひねっているのではないでしょうか?
でも「こんな運動いまさら出来ない!」と思ったあなた!家でも出来るドクターイチオシ超簡単マッサージをしましょう。

<ねじれ腸による便秘改善法>
①仰向けの状態で、ひざを立てる
②下腹部を押さえ、腸を持ち上げるように1分揉む
③起き上がり、腰のひねり運動を1分間行う
*腹部や腰部の疾患がある方、妊娠中の方は、主治医にご相談下さい。

まとめ

茨城県民を見習って、今日からそぼろ納豆と干し芋を食べ、ひねる運動を習慣づけ、きれいな腸を保ちたいものです。



関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


プロフィール

プロフィール
はじめまして!
管理人のシャル・アンジュ 50代です。

女として美しくあることと
キレイであることを
年齢や体型に関係なくいつも大切にしています。

ワンランク上の「肌・心・体」のキレイを目指し
人生を楽しみましょう♪

どうぞよろしくお願いします。

詳しいプロフィールはコチラです♡