ワンランク上の「肌・心・体」のキレイを目指しましょう♬

menu

シャル・アンジュ

ダイエットを成功する秘訣は幸福感を高める!?幸福ホルモンの出し方を4つ紹介

img_a7c563fcad49c780fc245a6e816f68ab123177

やせたいと思っていても、なかなかやせないのは、心と体を気持ちよくしてくれる4つのホルモンが足りないからかもしれません。その4つのホルモンとは。心を安定させる「セロトニン」、達成感をもたらし、やる気を後押しする「ドーパミン」、ドカ食いを阻止する「オキシトシン」、脂肪を燃やしムダ肉を減らす「成長ホルモン」です。

そこで今回は、ダイエットを成功させるための4つのホルモンの出し方をご紹介します。


セロトニンの出し方

セロトニンを別名で「癒やしホルモン」とわれるくらいセロトニンを十分に分泌することで、心が安定します。するとダイエットに前向きになったり、睡眠の質が上がるので、やせる効果のある成長ホルモンもアップします。そのためには、早寝早起きの規則正しい生活が大切です。

口角を上げる

感情を込めて笑わなくても、口角を上げておくだけで、脳が反応してセロトニンが出るようです。だから家事をしながら、または仕事をしながら口角を上げて「ニコッ」とするだけでいいんです。

肉食と大豆食品

分泌力を高める食品は、肉や豆腐などの大豆食品です。どちらもセロトニンを作る材料になり、心地よい眠りに導く成分である「トリプトファン」が多く含まれているので、積極的に摂りましょう。

光のシャワーを浴びる

朝起きてすぐにカーテンを開けて太陽を浴びると、セロトニンが放出されるようです。だから体内リズムが整うことで、夜ぐっすり眠れる体になり、脂肪を燃やす成長ホルモンの分泌量もアップされます。

クラシックを聴く

音楽を聴くなら、クラシックなどのゆったりした曲がいいようです。耳から入った音は、疲れた脳を癒す効果があります。セロトニンが高められると、幸福感で心が安定し、やる気がアップします。

ウオーキングやジョギング

ウオーキングやジョギングなどのリズムカルな運動は、セロトニンが分泌されやすいようです。毎日ではなくても週に2回の運動で、幸福感をキープすることが出来ます。痩せやすい体質になるように続けましょう。

オキシトシンの出し方

オキシトシンは人と親密な交流をすることで、出せるホルモンです。オキシトシンが不足すると、ストレスが大きくなり、メンタルが不安定になることで、食欲が暴走するようです。だから、適度に分泌することで、つねに幸福感を高め、食欲や睡眠をコントロールしますので、自然とやせる体質につながります。

親密な交流

家族や友人と、親密な交流をすることで、脳内にオキシトシンが放出されます。カラオケで歌ったり、一緒に運動するなど、一緒に楽しむことで快感が溢れます。

あいさつ

近所の人や見知らない人への挨拶も幸福感はアップします。「こんにちは」だけでなく「今日は◯◯ですね」と話しかけると、ほんわかと心が和んで脳に快感をもたらします。

ペットや子供

ペットや子供または、孫に触れたり、抱きしめたりすると、オキシトシンがでます。それは、愛するものと寄り添う時間は、脳にとっては最高の癒やしだからです。だからストレスが減少され、ムダな食欲も減り、ダイエット効果になります。

ちょっといいこと

困っている人を見かけたら、「お手伝いしましょうか?」と話しかけたりして、ちょっといいことを習慣してみて下さい。お礼を言われたり、相手の喜ぶ顔を見ることで、脳をご機嫌にさせます。

ドーパミンの出し方

ドーパミンは、ワクワクしたり、ドキドキしたときに働きます。脳が快楽を感じるのは一時的なようですが、分泌することで、意欲が湧き、あきらめずにダイエットに向き合えるようになります。

イケメンで女心をときめかせる

テレビや雑誌などで見かけるイケメンを見て、心をときめかせるだけでも効果はあります。胸キュンして興奮すること、それは、ホルモン分泌を高めて、脳を活性させます。すると意欲も湧きダイエットが楽しくなります。

欲しいものをゲット

ドーパミンは報酬物質なので、獲得する行為で働きます。たとえ高価なものでなくても、欲しかったものを買い、手に入れた喜びを味わうことで快楽という刺激になります。

やせたら自分へのご褒美

ダイエット中は、なかなかヤセないと落ち込みがちですよね。しかし少しでもヤセたら自分を褒めて、ご褒美を与えましょう。それは、心地よい達成感がホルモン放出を促しますので、やる気がアップします。

成長ホルモンの出し方

成長ホルモンは、ぐっすりと寝たり、運動することで脳下垂体からでます。だから体を修復して代謝を促したり、脂肪を燃やす作用がありますので、分泌するほどヤセ体質になります。

寝る前の運動

運動は、成長ホルモンが促進されます。特に寝る前に運動にすると、睡眠中に多く分泌されます。運動するとなるとハードルが高くなりますが、家事をしながら、つま先立ちとか、テレビを見ながらスクワットをするなどして、◯◯しながらするのがいいんです。その◯◯しながらその時間帯に筋肉を働かせると、いつの間にかヤセる効果がでてきます。

快眠

成長ホルモンは、入眠から3時間の深い睡眠中に大量に放出するといわれています。だから途中で目覚めるような睡眠は、分泌の妨げになります。脂肪燃焼するためには、早めに布団に入り、気持ちよく寝られる工夫をしましょう。

まとめ

4つのホルモン、心を安定させる「セロトニン」、達成感をもたらし、やる気を後押しする「ドーパミン」、ドカ食いを阻止する「オキシトシン」、脂肪を燃やしムダ肉を減らす「成長ホルモン」
つまり気持ちいい~と感じるほどにヤセるのです。やってみたいと思うことを楽しんで続けてみましょう。



関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


プロフィール

プロフィール
はじめまして!
管理人のシャル・アンジュ 50代です。

女として美しくあることと
キレイであることを
年齢や体型に関係なくいつも大切にしています。

ワンランク上の「肌・心・体」のキレイを目指し
人生を楽しみましょう♪

どうぞよろしくお願いします。

詳しいプロフィールはコチラです♡