ワンランク上の「肌・心・体」のキレイを目指しましょう♬

menu

シャル・アンジュ

乾燥トラブルを防ぐためにやっておきたい2つのお手入れ方法

爽やかな秋晴れの空はとても気持ちいいですね。青く澄み渡って、いつもより空が高く見えませんか?でもそれって実は、冬に向かって温度が低下し、空気が乾燥し始めているサインなんですよ。だからこの時季は要注意なんです。なぜかって、肌の水分が奪われやすくなるんですよ。さらには気温も下がってくるので、汗や皮脂の分泌が減ってしまうのです。

汗や皮脂の分泌が減るということは、天然の保護クルームである皮脂膜を生み出されにくくなってしまうのですね。そのため保湿対策を怠ったり、肌の乾燥を放置していると、肌表面のバリア機能が低下してしまうので、さらなる乾燥を招き、カサつきや小じわといった肌トラブルになってしまいます。汗が出るのイヤだと思っていた夏でしたが、大切な役割を持っていたのですね。

そこで今回は、乾燥シーズンに起こりがちな肌トラブルを未然に防ぐために、やっておきたい2つのお手入れ方法をご紹介します。


乾燥する原因

乾燥すると、どうして肌トラブルが起きるのでしょうか?

健康な肌内部とは、水分を抱え込んだ角質細胞が幾重にも整列し、肌表面がなめらかに整っていることです。しかし、この時季の冷たく乾いた空気が、角質細胞から水分を奪い去るとともに代謝を低下させてしまうのですね。するとどうなるのかは、角質細胞の保湿力が弱くなり、水分が失われてしまいます。そうなると角質細胞は硬く縮んでしまうのですね。その結果、肌表面も柔軟性がなくなり、カサつきや乾燥小じわなどのトラブルが起きてしまうということです。

目元は皮脂腺が少なく、特に乾燥しやすいので、トラブルが起きやすい部位なんですね。

乾燥トラブルを防ぐ対策

1.徹底した保湿ケアを
乾燥を防ぐためにはまず、保湿成分がたっぷり配合されたスキンケアで毎日朝・晩しっかりお手入れすることが基本ですよ。その上で特に乾燥が気になるときは、保湿成分の浸透を高めるマッサージをしたり、週に一度程度潤いを集中的に補給する、シートマスクなどを活用すると効果的です。翌日にはツヤツヤしっとり顔で気分良く過ごせますしね。皮脂の少ない目元は、やはり専用アイテムでケアするのがいいですね。

2.潤いを保つ生活習慣を
ストーブやエアコンの効いた部屋の中は、屋外よりもさらに乾燥するんですよ。湿度が30%を下回ることもありますからね。そんなときは、加湿器を使ったり、湿らせたタオルを干すなどして、湿度が下がりすぎないようにすることですね。また、睡眠不足や急激なダイエットは気をつけなくてはいけませんね。乾燥肌を加速させる原因となるのですよ。

アイクリーム

皮膚が薄くて乾燥しやすい目元は、専用アイテムであるアイクリームがおススメですよ。 アイクリームは、デリケートな目元を守ってくれる美容成分がたっぷりです。コクのあるクリームがぴたっと目元に密着します。乾燥による小じわを目立たなくし、ピンとしたハリのある魅力的な目元になりますよ。

 

使い方

1.米粒大くらいを手に取り、上まぶた1か所、下まぶた3か所にのせます。
2.目頭から目尻方向へ、指先でやさしくのばしなじませます。
3.目の下を目頭から目尻へ引き上げるようになじませます。

*あまりたくさんつけるとベタベタになります^^;

 

シートマスク

ハリの低下が目立ちやすいフェイスラインには、スペシャルケアのシートマスクがオススメです。 シート1枚に、美容成分を配合した美容液がなんと1本分。ものすごいひたひた感です。縦、横、斜めに伸びるストレッチシートが、肌を引き上げながらピタッと密着し、とても気持ちいいですよ。贅沢な美容成分が、肌のすみずみまで届けてくれて、潤ってます感が凄いです!しかも翌日はとてもしっとりして化粧塗りがいいですよ。私はとても気に入っています。

 

使い方

1.化粧水で肌を整えた後に使用します。
2.2枚に別れていているので、1用マスクを口元に貼ります。
3.2用マスクを目の位置に合わせて額から顔に伸ばして密着させます。
3.顔全体にマスクを密着させます。
4.約10分後に上下のマスクを取り、肌に残った美容液を優しくなじませます。その後は、クリームなど普段のお手入れをして下さいね。

注)美肌向上のためのルールは、化粧品を使う量や使い方をきちんと守ることです。シートマスクの場合は、肌にのせている時間が長すぎないように注意して下さいね。これは何故かといいますと、シートマスクは吸水性が高い素材のものが多いので、乾いてしまうと逆にシートが肌の水分を奪ってしまい、肌の乾燥の原因になってしまう場合があります。せっかく肌にいいと思って保湿しているのに使い方を間違えると逆効果になってしまいます。またシートマスクをつけたまま寝るのもダメですよ。

いつものスキンケアを少し丁寧にするだけでも肌はこたえてくれますよ。これからやってくる冬に向けて、うるおいを逃さない保湿ケアを気にかけてくださいね。

まとめ

肌にとって、どんどん過酷となるこれからの季節をうるおい美肌で過ごしますか?それとも乾燥トラブルの肌で過ごしますか?季節の代わり目である今こそ、肌の将来を左右する分岐点ですよ。肌トラブルにならないためにも早めのケアをするのが大切です。


関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


プロフィール

プロフィール
はじめまして!
管理人のシャル・アンジュ 50代です。

女として美しくあることと
キレイであることを
年齢や体型に関係なくいつも大切にしています。

ワンランク上の「肌・心・体」のキレイを目指し
人生を楽しみましょう♪

どうぞよろしくお願いします。

詳しいプロフィールはコチラです♡