ワンランク上の「肌・心・体」のキレイを目指しましょう♬

menu

シャル・アンジュ

汗をかく夏!ニオイの原因を知って効果的な3つの対策

8月も後半になりましたが、まだまだ暑さは続くようですね。今日も朝から汗をかいていますが、気になるのが体のニオイです。自分では気づいてなくても周りの人から「なんだか臭う・・・」と思われていないか心配です。外見ばかりキレイにしていても「臭う」というだけで幻滅されてしまいますからね。

そこで今回は汗の影響を受けやすいワキ・足・頭皮のニオイ対策のポイントをご紹介します。


ニオイの原因

「汗は臭う」と思われがちですが実は違うんですね。汗の成分のほとんどは水分で、汗自体にはニオイはありません。つまり無臭ということです。

だったらどうして臭うの?と思われているかもしれませんね。
それはニオイを生み出すのは汗そのものではなく、皮膚常在菌という雑菌
皮膚常在菌は皮脂や角質に汗が混ざったものを栄養源として繁殖します。つまりバイキンが好む絶好の環境なのです。
その際に発生する、脂肪酸などの物質がニオイの原因ということなのです。

「ニオイ」と聞いて真っ先に気になるのがワキですが、意外とお手入れ出来ていないのが皮脂や足の裏。
特に足の裏には多くの汗腺があるのですがなんと1日にコップ1杯ほどの汗をかくとも言われています。

驚きですね^^;
その汗や皮膚の垢が放置されると雑菌が増えてイヤなニオイを発生させるのです。

ニオイ対策をしている方は多いと思いますが、ニオイの原因を知った上で日常的なケアを心がければより効果的な対策が出来るのではないでしょうか。

体臭の原因になりやすいポイント

日々の生活習慣や体の状態が、ニオイに大きく影響します。
とくに汗をかく夏に気をつけたいポイントです。

汗をあまり拭かない

汗をかいてもクーラーの涼しい部屋に入ると汗がス~と引いてしまいますので汗をかいたことを忘れてしまうんですよね。そのまま放置よくあることです。

でも汗をかいてからニオイが発生するまでは1~2時間と言われています。
汗をかいた状態で放置すると、時間とともに皮膚常在菌が繁殖してニオイの原因になります。

普段から便秘気味

50を過ぎたころからか腹筋の力が弱まってきたのか便秘気味なんです^^;
全体的に便を送り出す力が弱まって、腸の動きが悪くなることが原因なんでしょうが
腸内環境の悪化は、便秘や腐敗したガスが腸内にたまると毒素が発生します。
それが血液中に吸収されて全身を巡ると、ニオイを強める原因になります。

これは美容にとって最も大敵です!便秘解消必須です!!

頑固な便秘に効く食べ物
納豆、ヨーグルト、バナナ、シリアル、オリーブオイル

肉類をたくさん食べる

夏はやっぱり体力をつけるといえば焼き肉やバーベキュー。

でもちょっと待って下さい!

動物性タンパク質を多く摂るとニオイの原因となる皮膚常在菌が繁殖しやすくなります。
また動物性タンパク質は腸内で悪玉菌のエサとなり、腸内環境にも影響します。
お肉を食べるときはお野菜もたっぷり食べるのがいいですね。

お肉と一緒に食べたい野菜
キャベツ、ブロッコリー、レタス、パセリ、アスパラガス
野菜を先に食べる。ここがポイントです。

ワキのニオイケア

夏は特に気になるワキのニオイ。対策として制汗剤を使う人も多いのですが、ニオイが発生する前のケアが大切です。

制汗剤は清潔な肌に

制汗剤は、皮膚常在菌が繁殖する前に使うのが効果的です。
入浴後の清潔にした身体に使うといいですよ。

私が使っているのはバン シャワーデオドランドです。
フェミニンフローラルの香りと微かにパウダーの優しい香りがします。
汗のベタつきとニオイを抑えてくれます。

汗はこまめに拭き取る

汗をかいたらなるべく早く濡れタオルなどで拭き取ります。
汗拭きシートは使い過ぎると肌荒れの原因になることもあるので注意してくださいね。

足のニオイケア

足のニオイケアでは、ニオイの原因になる皮膚常在菌が好む古い角質や爪の間に詰まった汚れを除去することが有効です。

古い角質を取り除く

古い角質はニオイの大きな原因です。肌のターンオーバーに合わせて、
月に1,2回程度の角質ケアをしましょう。
肌が柔らかくなる入浴中または入浴後のケアがおススメです。

爪周りは歯ブラシでケアを

足の爪の周りは、汚れが溜まり、雑菌が繁殖しやすい場所です。
歯ブラシに石鹸の泡をつけて、爪の間や周りを撫でるように
ブラッシングしながら汚れを落としましょう。

頭皮のニオイケア

頭皮は髪の毛に覆われているためムレてニオイが発生しやすい部位です。汗をかいた時は髪を分けながら細かく拭きましょう。
毎日のシャンプーもポイントです。

後頭部は念入りに洗う

汗や皮脂でもっとも汚れているのは後頭部です。
シャンプーをする時は耳の後ろから襟足にかけて重点的に洗います。

髪はきちんと乾かす

シャンプーの後、髪を濡れた状態で放置すると、頭皮の湿度が高くなり雑菌が繁殖しやすい環境に。
シャンプーの後はドライヤーを使って、しっかり髪を乾かしましょうね。

まとめ

ニオイ対策のポイントは、ニオイの原因となる皮膚常在菌を繁殖させないことです。
身体を清潔に保つ、汗をかいたらこまめに拭き取るなど、普段のこまめなケアこそ
夏を快適に過ごすコツ。
今日からより効果的なケアを始めてみませんか?



関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


プロフィール

プロフィール
はじめまして!
管理人のシャル・アンジュ 50代です。

女として美しくあることと
キレイであることを
年齢や体型に関係なくいつも大切にしています。

ワンランク上の「肌・心・体」のキレイを目指し
人生を楽しみましょう♪

どうぞよろしくお願いします。

詳しいプロフィールはコチラです♡