ワンランク上の「肌・心・体」のキレイを目指しましょう♬

menu

シャル・アンジュ

肌の敏感サインを見逃さない!症状に合わせた適切な解決法で美肌を取り戻す

夏から秋へ移り変わるこの時季の肌は、夏の紫外線のダメージや冷房による乾燥、過剰な皮脂や汗の影響で、不安定になってしまいます。冬でもないのに肌はカサカサしたり、いつもの化粧品をつけると肌がヒリヒリしたり、ニキビや吹き出物がブツブツしたり、そんなことありませんか?

そんなときは、お手入れ方法や生活習慣の見直しが必要なんですね。



肌の敏感サイン

季節の変わり目はお肌の悩み、意外と多いんですよね。気温や湿度の急激な変化についていけず、肌に不調が現れるなんてつらいものです。そんな時の敏感サインは大きく分けて5つあります。症状に合わせた適切なケアで美肌を取り戻しましょう。

・カサカサ・・・潤い不足で肌が荒れている
・ゴワゴワ・・・角質肥厚で肌が古い
・ピリピリ・・・いつもの化粧品がピリつく
・ブツブツ・・・毛穴が詰まってニキビが出現
・ムズガユ・・・炎症が起こってかゆくなる

カサカサ

肌のカサカサしたトラブルは、角質の潤いが不足しているのです。元々乾燥体質の人もいるみたいですが、多くの場合は、普段の間違ったスキンケアが要因だと言われています。特に洗顔のやり過ぎはお肌に悪いようですよ。角層が傷ついて肌のバリア機能が低下してしまうので、肌から水分が蒸発しやすくなります。さらに夏の間の保温がきちんと出来ていなかったそのツケがこの時期に表面化するのですよ。日焼け止めで肌が乾燥することも多いようですが、やはり紫外線による角層の乱れが潤いを不足させてしまうのですね。

解決法
1.洗いすぎをやめる
・肌がカサカサしているとき朝は洗顔料を使わずに水のみで洗顔し、夜は、肌に優しい低刺激の洗顔料で肌をこすらず優しく洗います。この時、洗顔料はよく泡立てて肌に直接手が触れないことです。肌をゴシゴシこすらないで。

2.たっぷり保湿する
・乾燥には水分補給が大事なのですが、化粧水をつけるだけでは水分が蒸発してしまうのですね。潤いを与えたら次に油分を含むクリームなどで潤いに蓋をすることで、しっかり保湿することが出来ます。
・顔が敏感のときは唇も敏感になりがちです。なめると余計乾燥してしまいますよ。口紅は控えて。リップクリームもかぶれる可能性があるので、低刺激の敏感肌専用のリップクリームを選ぶといいですね。

ゴワゴワ

夏の疲れや睡眠不足、偏った食事などの内的要因の結果、肌の新陳代謝が低下してしまいます。本来なら剥がれ落ちるはずの角質が肌表面に溜まってしまうので、肌はゴワゴワ状態になるのです。代謝を高める生活習慣を改めてみて下さい。それだけでもかなり肌の調子はよくなりますよ。

解決法
1.気になる部分のみ角質ケア
・たまった角質の除去には、ピーリング効果のある洗顔料がいいのですが、敏感な肌には要注意。肌のゴワゴワしている部分だけ使うようにしましょう。角質ケアのあとはしっかり保湿が必要です。

2.温めケアで代謝UP
・ゴワゴワ対策は、半身浴でじんわり汗をかくことです。そうすることで古い角質が柔らかくなり自然に剥がれ、きめ細かな肌が再生されます。
・蒸しタオルで肌を柔らかくしてからお肌のお手入れをすると保湿成分の浸透が高まって血行が良くなります。

3.代謝を促す生活習慣に
・肉・魚・野菜…栄養をバランス良く摂ることで代謝が高まり肌のターンオーバーが整ってきます。
・ターンオーバーの乱れは自律神経の乱れからも起こります。副交感神経が高まる夜は、リラックスして過ごすことが大切です。シンデレラタイムを活用して→美肌のスキンケア方法は超シンプル!朝と夜のケアだけ

ピリピリ

ピリピリはバリア機能が弱まっていることを知らせる、肌からのメッセージです。外部の刺激が肌内部に侵入しやすくなるため、その防御反応として炎症が起こるようです。反応の対策は化粧品成分、花粉症などのアレルギー物質、摩擦などの物理的刺激と人によってさまざまです。特に化粧品は昨日まで大丈夫だったものでも、季節の変わり目や疲れがたまったときなどに突如炎症が生じるケースもありますよ。そういったことから自分が何に反応するかを知っておくことはケアの上でも大切ですね。

解決法
1.ピリつき要因を断つ
・ピリついたら化粧品をすぐにストップして下さいね。新しい化粧品を使う場合は内側の目立たないところでパッチテストしてから使うのが安心です。
・ほてっていたら水で濡らしたタオルでそっと押さえ冷やします。食事も刺激のあるものは控えるほうがいいです。
・洗顔は洗顔料を使わずに水かぬるま湯のみで洗います。又拭くときは柔らかいタオルで軽く肌を押さえる程度に。

2.厳選の1品で休息保湿
・ピリピリしているときは化粧水はお休みして、クリームやオイルの1品のみで保湿するのが肌には良いようです。

ムズガユ

カサカサ、ゴワゴワ、ピリピリの延長上にあるのが、敏感がひどくなった肌の状態で、ムズガユです。もちろんかくのは我慢、我慢です。まずはピリピリと同様に1品のみの保湿を2~3日続けて様子を見ましょう。それでも治らず赤みや発疹が出ていればアレルギーが原因のことも多いので皮膚科で診てもらいましょう。かゆみの正体を診断してもらって的確に処置してもらうのが直る早道です。

解決法
1.皮膚科で原因を究明
・皮膚科では痒くなっているところや症状の出方によって原因を調べてもらって的確な処置を。

2.消炎後もスキンケアは慎重に
・症状が治まっても肌の内部はまだバリア機能が弱い状態になっています。いきなり以前使っていた化粧品全部を使うのではなく、2~3日ごとに1品ずつ様子を見ながら戻していきます。

ブツブツ

かゆいブツブツは何かにアレルギーを起こしている可能性があるので皮膚科で診てもらって下さいね。かゆくない場合は乾燥やストレス、寝不足などの影響でできる大人ニキビの可能性かもしれません。大人ニキビはゴワゴワと同じでオーバーターンの低下です。肌にたまった分厚い角質が毛穴を塞いで、中に皮脂を詰まらせるとそれがニキビのもとになります。それが炎症を起こすことで赤く膨れてニキビになってしまいます。

解決法
1.朝晩、洗顔料を使って洗う
・朝と晩の2回洗顔料を使って洗います。ニキビ菌は皮脂を好みますのできちんと洗顔料を使って洗うことが必須です。

2.油分はカットし、潤いを補給
・化粧水はたっぷりと使い、油分を含む乳液やクリームはニキビを避けて使うようにします。ノンコメドジェニックの化粧品を選びといいですね。

まとめ

季節の変わり目は、ちょうど仕事も忙しく、寝不足が続くと肌はテキメンですね。肌がカサつき化粧品がピリつくことも多いのではないでしょうか。肌が表しているサインを速くキャッチして、症状に合わせた適切なケアで美肌を取り戻しましょう。



関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


プロフィール

プロフィール
はじめまして!
管理人のシャル・アンジュ 50代です。

女として美しくあることと
キレイであることを
年齢や体型に関係なくいつも大切にしています。

ワンランク上の「肌・心・体」のキレイを目指し
人生を楽しみましょう♪

どうぞよろしくお願いします。

詳しいプロフィールはコチラです♡