ワンランク上の「肌・心・体」のキレイを目指しましょう♬

menu

シャル・アンジュ

秋に抜け毛が増えるのはなぜ?原因とお手入れ方法

毎年夏の終わり頃、シャンプ-をすると髪の毛が大量に抜けていたのですがなぜか今年はあまり抜けてないことに気づいたのです。やはりお手入れが良かったのかな?なんて思ったりしているのです。

夏に冷たいものを食べ過ぎたり飲み過ぎると「髪の毛が抜けるよ!」ということを聞いたことがあるのですが、もしかして冷たいものが原因?なんでしょうか。


髪は肌と同じように定期的に生まれ変わる

日本人の髪の毛は約10万本あると言われています。ところが1日に約80~100本くらい自然に抜けているのだとか
えっ!そんなに!!と驚きますが、それでも髪がなくならないのはお肌のターンオーバーと同じように髪にもヘアサイクルがあるのです。

髪の毛が成長して抜け落ちるまでの期間が2~6年。このヘアサイクルが乱れると薄毛や抜け毛の原因になることも。

特に夏から秋にかけて抜け毛が多く感じられるのは汗をかいたり紫外線を浴びたりして毛根に負担をかけているせい。あとバランスの悪い食事や睡眠不足、ストレスなんかも原因になったりします。

髪の毛に良い食品

良質のたんぱく質、ビタミン、ミネラル
卵、青魚、クルミ、海藻(わかめ もずく)、牡蠣、ビターチョコレート
ヨーグルト、にんじん、ブルーベリー、トマト

健康な髪の毛を保つにはヘアサイクルを正常に維持することが大切

髪の毛には、成長期→退行期→休止期というヘアサイクルがあります。このヘアサイクルが乱れると薄毛や抜け毛の原因になることも。健康な髪の毛を保つにはヘアサイクルを正常に維持することが大切なんですよ。ですから髪の土台となる頭皮環境を整え、マッサージで血流を促すお手入れをしましょう。

血行を促すツボは「亜門」といって、うなじの少し上にあるくぼみ部分を両親指でイタ気持ちいい位の強さで押します。頭皮だけでなく目がぱっちりして鼻がすっーと通り気持ちいいですよ!

髪と頭皮にあったアイテムを選ぶ

お肌だけでなく髪や頭皮にも「エイジングケア」が必要です!!お肌と同じように年齢と共に髪や頭皮も変わってくるもの。

私最近スタイリングが上手く決まらなかったんですよ。しかもボリューム感が物足りないなくて毛先がどうもパサつきがちで・・・^^;

それでいつも購入している富士フィルムの化粧品の中にシャンプーとコンディショナーのサンプルがついていたんで早速試してみたんです。すると次の日、パサついている髪の毛がしっとり落ち着いていたのです。そしてスタイリングがうまく決まったのでやはりこれだなと思ったのです。

1.髪内部にしっかり届く!

独自の成分「ヒト型ナノヘアセラミド(うるおい成分)」配合

元気の無い髪の内部は、成分が流出しているせいでスカスカに。髪内部にもともと存在するセラミドをナノ化した「ヒト型ナノヘアセラミド」が髪の1本1本に浸透しふんわりした、ツヤのある髪へ。  (富士フィルム 添付資料より)

2.指通りのよい洗い上がり

スキンケアシリーズと同じく、アスタキサンチンやコラーゲンなどのうるおい成分を贅沢に配合。ノンシリコンでもごわつかず、”ふんわりする”指通りの良い洗い上がり。(富士フィルム 添付資料より)

さすが富士フィルムさん、よく研究されているんたなと思いました。若々しい美髪をキープするためには、今の自分にあったヘアアイテムを使うべきなんですね。

正しいヘアケア方法をマスター

お手入れのやり方次第でふんわり、ツヤのある髪の毛になるんですね。

ブラッシング

ブラッシングは髪についたホコリや汚れを落とすと同時に頭皮を刺激することで、頭皮の血行をよくするという効果があります。シャンプー前にもブラッシングをすることで汚れも落ちやすくなります。

シャンプー

爪を立てて洗ったり指の先でゴシゴシ洗いがちですが実は間違った洗い方なんですね。新生毛といって新しく生えてきた髪は頭皮への固定力が弱く、髪の毛自体も細く短いのです。人間で言えば赤ちゃんです。

指の腹でゴシゴシ洗ってシャンプーしていると、新生毛が引き抜かれてしまうのです。ですから赤ちゃんを扱うようにやさしくマッサージするように洗うことが大切です。シャンプーはしっかり泡立ててから使いましょう。

コンディショナー

コンディショナーは髪の毛の表面に保護膜を作り、キューティクルを整えてくれます。毛先を中心にたっぷりと握るようになじませ2~3分置くと髪の毛の内部まで浸透します。

ドライヤー

髪の毛を洗った後はドライヤーで乾かします。

ドライヤーを使うと髪が痛むと思われがちですがそうではありません。逆に自然乾燥している方がキューティクルが開いたままの状態でダメージを受けやすくパサパサの原因になってしまいます。それどころか頭皮の血流が悪くなってしまうんですね。

髪を乾かす時はドライヤーを揺らしながら根元から毛先にかけて風を当てます。最後に冷風を当てるとサラサラヘアになり指通りが良くなります。

まとめ

髪にはヘアサイクルがあります。でもヘアサイクルが乱れると薄毛や抜け毛の原因になってしまうんですよね。髪はとてもデリケートなんです。髪もお肌と同様お手入れを怠らずやってみてくださいね。



関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


プロフィール

プロフィール
はじめまして!
管理人のシャル・アンジュ 50代です。

女として美しくあることと
キレイであることを
年齢や体型に関係なくいつも大切にしています。

ワンランク上の「肌・心・体」のキレイを目指し
人生を楽しみましょう♪

どうぞよろしくお願いします。

詳しいプロフィールはコチラです♡