ワンランク上の「肌・心・体」のキレイを目指しましょう♬

menu

シャル・アンジュ

血管年齢が老化するとシミが増える?原因と若返らせる方法

8374418d085eaffde6b9efddaeaa9502

疲れやだるさが抜けない、手足が冷える、肌荒れが気になる
そんなこと感じませんか?

それは、血管年齢が衰えているのかもしれません。




血管年齢が老化すると

人は、血管とともに老いるようですが、実年齢を超えて早い段階から
血管年齢が老化してしまうケースがあるようです。

血管年齢が上がると、女性はシミが増え外見も老けて見えるそうです。
そして日本の上位を占める心筋梗塞や脳卒中は、血管が老化して
動脈硬化になることで、詰まりやすく破けやすくなるのです。

問題は、自覚症状がないまま突然発症し、家族を悲しませる結果にもなりかねません。

血管が硬くなる原因

若い血管は柔らかく、老化した血管は硬くなるようです。

女性の場合は、女性ホルモンによって、血管が動脈硬化から守られる期間が長いようですが
硬くなるのは、ストレスが考えられるようです。

ストレスとは、交感神経が緊張し、血管が硬く収縮してしまいます。この状態が続くと
血管が硬くなってしまうんですね。

また生活習慣病としては、血圧、コレステロール、中性脂肪などですが、
食生活が大きいようです。

簡単血管年齢チェック

自分の血管年齢が気になりますよね。そこで簡単な血管年齢チェックをやってみましょう。
あなたは、何個当てはまりますか?

□シミが増えた
□年々足の冷えがひどくなってきた
□高血圧・糖尿病・脂質異常症のどれかに該当
□生活が不規則だ
□タバコを吸っている
□魚を食べるのは週に3日以下
□運動不足
□満腹になるまで食べる

<該当個数>
1~2個 実年齢+5歳
3~5個 実年齢+10歳
6~8個 実年齢+15歳

実年齢よりいくつ上になりましたか?
生活習慣や食生活を見直すきっかけになるといいですね。

血管年齢を若返らせる

生活習慣、特に食事を選ぶことが非常に大事です。
何を食べるかといえば、”魚”です。

EPA/DHA
魚に含まれる脂質には、動脈硬化を予防して血管年齢を若返らせてくれます。

1日2ḡ 1食分の煮魚 焼き魚 マグロ刺し身なら4~5切れ)

調理が面倒なとき
青魚の水煮缶もおすすめです。必要量は1/3~1/2缶

まとめ

疲れやだるさが抜けない、手足が冷える、肌荒れが気になる
そんなことを感じるのは、血管年齢が衰えているのかもしれません。

・ストレスを溜めない
・魚を食べる

生活習慣や食生活に気をつけて血管年齢を若返らせましょう。


関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


プロフィール

プロフィール
はじめまして!
管理人のシャル・アンジュ 50代です。

女として美しくあることと
キレイであることを
年齢や体型に関係なくいつも大切にしています。

ワンランク上の「肌・心・体」のキレイを目指し
人生を楽しみましょう♪

どうぞよろしくお願いします。

詳しいプロフィールはコチラです♡