ワンランク上の「肌・心・体」のキレイを目指しましょう♬

menu

シャル・アンジュ

フレイルチェックで健康リスクを確認!ご長寿から学ぶ若さの真実とは?

5ddadeedc8e9d8cd9157230c79a980e5

最近は超元気なおじいちゃん、おばあちゃんが増えてますよね。それは、どうしてなのでしょうか?いつまでも元気でいるためには、きっちりした運動や食事だけでなく、本当は一番身近なところにヒントがあるそうですよ。

今回は、フレイルチェックで健康リスクを確認して、ご長寿から若さの真実を学びましょう。


健康リスクチェック

要介護を招くフレイルチェックで、健康リスクを確認しましょう。このフレイルとは、虚弱を意味することで、ものすごく健康でもないけれど、要介護か弱っていない状態のことです。この期間をどう過ごすかによって、健康寿命が大きく左右されるんです。

<フレイルチェック>
①物忘れがすごく気になる はい・いいえ
②お茶や汁物でむせる はい・いいえ
③昨年より外出が回数が減っている はい・いいえ

④健康に気をつけた食事を心がけている はい・いいえ
⑤野菜と主菜(肉または魚)を両方、毎日2回以上食べる はい・いいえ
⑥さきいか、たくあん等の固さの食品を噛み切れる はい・いいえ
⑦30分以上の汗をかく運動を週2日以上、1年以上している はい・いいえ
⑧歩行または同等の身体活動を1日1時間以上している はい・いいえ
⑨同年代の同性と比べて歩く速度が速い はい・いいえ
⑩1日1回以上は誰かと共に食事をする はい・いいえ
⑪自分は活気にあふれていると思う はい・いいえ

①~③ はい ④~⑪ いいえが6つ以上あればフレイルに陥る可能性が!しかし6つ以上の人でも心配ありません。このフレイルの時期に重要なのが、様々な機能を戻せる時期なんです。介護が始まった人でも、頑張れば、身体能力は、少しは戻せます。フレイルに気づき生活改善が早ければ早いほど大きく戻れるそうなんです。

若さの秘訣①

フレイルチェックは、自分の弱いところを見出すものなのです。そこで気付いて、1つでも生活に取り入れていこうと思うのか、もう歳を取っているせいだと考えるのか、そこが、別れ道になってしまうんですね。

だから何かを始めるのに、もう歳だからとあきらめたりしないことです。定年退職してから始める人だってあるのですから、始めるのに遅いということはないんです。81歳のサーフィンをしているおじいちゃんも、サーフィンデビューは64歳だったそうです。見た目も、とても若く81歳には見えません。
c6279e6d-2f45-4031-9f04-71ab77df8c83
身体能力が衰え、公園の坂道を上がっても、息切れして1周できなかったのに、3年かけて体力作りに励み、少しずつ距離を伸ばし、今では15Kmのサイクリングが日課だそうです。その甲斐あって、50段の階段を一気に駆け上がる81歳には思えない超人的肉体で、びっくりです。

そんなスーパーおじいちゃんも始める前は、不安や悩みを抱えていたそうです。マリンスポーツは若い人というイメージ。だから受け入れてもらえるか思い悩んだそうです。海に戻りたいという思いと、笑顔で受け入れてくれたサーフィン仲間たちに囲まれて、今では、最年長サーファーとしてご活躍です。
外へ出かける時に、少しでもキレイでいたいという気持ちは、フレイル予防に大きく関わっています。心や身体のケアと並んでいて、社会性がフレイル予防にとても大切なんです。

人前に出ることが多い91歳の卓球をしているスーパーおばあちゃん、身だしなみには手を抜きたくないそうで、時間を作っては、美容院で髪や爪をお手入れしてもらうそうです。又行きつけの洋服店で買い物を楽しむなど積極的に外へ出て、たくさんの人と交流しています。だからとてもイキイキされていて、91歳には見えません。

繧ケ繧ッ繝シ繝ォ陦ィ險論蜊鍋帥

いかに身体が衰えてしまったのかという身体的な衰えを虚弱と言われていますが、心の部分や社会的な衰えが、フレイルに外せません。いかに社会性を底上げ出来るかがポイントです。社会との接点を無くした孤独な生活は、運動や食事が疎かになる傾向が強いといいますが、社会性の歯車が回り始めると、このスーパーおばあちゃんのように、心や身体の歯車まで回り始めるんですね。

人生の目標をゲット

続けることの難しさはありますが、大切なのは、好きなことや楽しめることを見つけることですね。しかし、そう簡単に目標を見つけることなんで出来ないという方も多いのではないでしょうか?ところが外出すらままならない事情を抱えながら、人生の目標と出会えた82歳のおばあちゃん。

このおばあちゃんは、現役プログラマーです。60歳頃、お母さんの介護で家を出られなくなったそんな時、雑誌で「コンピューターがあれば世界とおしゃべり出来ます」という広告を見て、すぐにパソコンを購入したんだとか。ところがネットに接続出来るまで3ヶ月かかったそうです。その中でたどり着いたのが高齢者が集まるインタネット上の掲示板。その時の感動は、忘れられないといいます。

06

ウェルカムメッセージを送ってくれたものには「人生60歳を過ぎると面白くなります」だって。なんだか面白そうですね。こうして掲示板の仲間にささえられ、今では自分の経験を生かしパソコンを教える活動で、忙しく日本中を飛び回っているそうです。

そんな彼女は言いました。「何かを始めるのに遅いということは無い。いつまでも好奇心を持ち、好きなことを続けるのが幸せ」だと。なんだか勇気もらいました。

まとめ

健康長寿でいたい、いわゆる健康増進のためになにかをやっている人、好きなものだからずっとやってきたとか、やっとやれる時間ができた、そんな人達は、時を経つのを忘れて打ち込んでいたら、この年齢になっていたという人が多いそうです。それは、結果的に若々しく見えるんですね。そんな人生を送りたいものですね。



関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


プロフィール

プロフィール
はじめまして!
管理人のシャル・アンジュ 50代です。

女として美しくあることと
キレイであることを
年齢や体型に関係なくいつも大切にしています。

ワンランク上の「肌・心・体」のキレイを目指し
人生を楽しみましょう♪

どうぞよろしくお願いします。

詳しいプロフィールはコチラです♡