ワンランク上の「肌・心・体」のキレイを目指しましょう♬

menu

シャル・アンジュ

キレイを引き出すメイク法は驚くほどシンプル!意外と簡単2つのポイント

キレイを引き出すメイク法。なんだか難しいのでは、と思っていたのですが、このメイク法は意外とシンプルで簡単です。ミニマムに肩の力を抜き、程よく崩すといったエフォレートレスなメイク法が、一番キレイに見せますよ。

そこで今回は、キレイを引き出す簡単メイク法をご紹介します。


簡単メイク法

このメイク法は、引き算がベースで驚くほどシンプルなんです。それは、最小限のメークでその人の顔立ちそのものを生かすことを最大の目的にしているからです。しかも目指すのは、画一的な美人でなく、それぞれの個性が引き立つ雰囲気美人です。

まつげの角度やポイントの置きどころといった普通の人が気づかない視点や普通のルールをあえて逆をいく、型破りなメイク法。しかしやってみると新鮮な自分の顔に出会え、しかも意外と簡単なんですね。

さっそく毎日のメイクを見直して、このメイク法を取り入れてみませんか?

まつげは上げすぎない

目を大きく印象的に見せるために、ついやってしまうのがまつげの上げすぎですよね。いくら目を1mmでも大きく見せようと頑張って上げたまつげ、実はまわりからしてみると”ビックリ目”しか見えないそうですよ^^; 他人からは、正面顔より、横顔や伏し目のまつげの方がよく見られていることを意識しましょう。目頭は、程よく上げて目尻はあまり上げない。これが今回のメイク法です。

脇役の眉にこだわり抜く

メークの7割は眉で決まります。そういい切れるのは。眉は顔立ちのイメージを決定づけるキーパーツだからです。目元の彫りや立体感から全体の小顔印象まで、実際に眉にかかっているわけです。

私は眉にこだわる方で人と話している時も、眉を見てしまう方。ところが案外放置している人多いんですよね。いくらキレイでもボサボサ眉は、野暮ったくなるんです。だから眉はおざなりにしないことですね。毛並みを整えたり眉頭をしっかりと意識しましょう。それだけで美人度は確実に上がりますよ。

アイメイクよりリップメイクに力を注ぐ

女性はアイメイクに力を入れがちですよね。しかしアイシャドウの微妙な色のニュアンスや入れ方を変えても、他人は意外と気づかないそうですよ。それだったらリップの色を変えるほうが断然効果的なアピールになりますよね。もちろん色だけじゃなく輪郭を丁寧に描いたり、ケアをしっかりしてみましょう。自分の唇を大切に扱うことが大事ですよ。もちろん荒れた唇は絶対NGです。

どこかに旬の色を取り入れる

旬の色とは、メイクとファッションがリンクした色なんですね。着替えてからメイクをするとか、洋服と合わせたメイクをするのには、意味があるのですね。それは顔だけオシャレするのではなく、ファッションも一緒に楽しむことなんです。オシャレさんは全身トータルで素敵にならなきゃ意味がないんですよね。今季のイチオシはトレンドの服にもハマって、今っぽさが出せるボルドーを取り入れるといいですね。

簡単ベース法

メイクの主役は”肌”です。”ノーファンデーション””ノーパウダー”というベース法は、単に肌をキレイに見せるという枠を超えて、その人の内なる魅力を開花させてくれます。

ファンデーションやパウダーは、しみやそばかすなどのトラブルをカバーするものと思いがちですが、そうではないのですね。肌にのせるものは最小限まで減らし、ツヤと立体感を魅せることなのです。その人の素が見え隠れする肌は、ナチュラルであると同時に内なる色っぽさを引き出してくれるのですよ。

勇気をもってすべてを最小限に

下地からファンデーション、コンシーラーにお粉といったすべてを塗らなきゃいけないという決まりはありません。それはまるで鎧をまとっているようです^^; ベースメイクは、塗れば塗るほどおかしくなります。だから肌にのせるのは、アイテムも量も必要最少限にすることが1番ですね。自分の肌は思っている以上にキレイなんですよ!

フェイクじゃないツヤ

誰でも簡単に美肌を手に入れるための最強の味方があるのです。それが”ツヤ”です。ツヤさえあれば、肌は柔らかく丸みを帯びて女っぽく見えるそうですよ。それに立体感も手に入り、シワやくすみまでカバーしてしまいます。だから下地から仕上げまでのハイライトまで、常にツヤを意識することが大切です。このツヤ、どんな肌も100%キレイで色っぽいんです。

ベースメイクは正面だけ塗ればいい

顔は平面ではなく、正面と側面からの立体です。それを意識してメイクすると小顔に見せられます。そして骨格を際立たせることで、おのずと美人度がアップします。ムラなくキレイに塗らなきゃという思い込みはNGなんですね。何故かと言えば、肌をフラットに見せてしまうのでマイナスになってしまうのです。勝負は正面ということを忘れないようにしましょう。

まとめ

いかがでしたか?キレイを目指すメイク法。意外とシンプルで簡単ですよね。自分が頑張ってメイクしているポイントと、他人が見るポイントが案外違っていましたよね。このことから、メイク法を見直すことで、美人度がUPするんですよね。さっそく毎日のメイクを見直してみませんか?



関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


プロフィール

プロフィール
はじめまして!
管理人のシャル・アンジュ 50代です。

女として美しくあることと
キレイであることを
年齢や体型に関係なくいつも大切にしています。

ワンランク上の「肌・心・体」のキレイを目指し
人生を楽しみましょう♪

どうぞよろしくお願いします。

詳しいプロフィールはコチラです♡