ワンランク上の「肌・心・体」のキレイを目指しましょう♬

menu

シャル・アンジュ

女性に多い隠れメタボの要因と簡単「SJT40」で改善!

最近コレステロールや血糖値が気になるけど自覚症状もないし、まあいいかなんて思っていませんか?実のところ頑張ってダイエットしても、メタボになる危険性があるんですよ。えっ!ヤセているのに?と思いますよね。実は細くても、あることが2つ以上当てはまると隠れメタボなんですって。

そこで今回は隠れメタボの基準と要因を知って、簡単な改善法をご紹介します。



隠れメタボの基準

厚生労働省の調査によると隠れメタボに該当する人は年々増加し、今や900万人にも上るとか。メタボは960万人、隠れメタボは914万人いるということです。

メタボとはメタボリックシンドローム内臓脂肪症候群のこと。おへそ周りが、男 85㎝ 女 90㎝以上あって内臓に脂肪がたっぷり付いている人のことです。さらに 高血圧、高血糖 、脂質異常、このうち2つ以上当てはまる人です。

では隠れメタボとはいったいどんな人でしょうか?

見た目は太っていません。BMI25未満でお腹周りはとてもスリムです。ところが・・・

「メタボ=太った人」というイメージですが、隠れメタボは、見た目は痩せているのに高血圧 高血糖 脂質異常(中性脂肪/コレステロール)といった2つ上に当てはまる人の事を隠れメタボと言います。

高血圧=最高130㎜Hg以上 最低85㎜Hg以上
高血糖=110mg/dl 以上 もしくはhba1c6.0以上
脂質異常=中性脂肪150mg/dl HDL(善玉)コレステロール40mg/dl未満 いずれか両方

いったい何が問題なのでしょうか?
それは、糖尿病、心疾患、脳梗塞、血管性の認知症を引き起こす可能性が高いのです。

隠れメタボのほうが深刻?

ダイエットをしたにもかかわらず隠れメタボになった方の体験なのですが、その方は都内に住む美容師さん28歳。身長163㎝ 体重51㎏ BMI19.2 標準体重でもかなりスリムなほうです。この美容師さんは、あるきっかけで過激なダイエットに取り組みました。それは、ヘアショーのステージに立って実演を披露することになったからです。”ちょっと見栄えが太いよりは、細いほうがお店の代表としていいかな”と思ったそうです。

ダイエット前 身長163㎝ 体重 59㎏ BMI 22.2 ごくごく標準体重でしたが、まさかの1食ダイエットを始めました。
朝に白湯を1杯飲むだけ、仕事中食べる食事は、おばろとうふ1丁とか、鶏のささみ3本とか、焼き鮭1切れとか、鶏胸肉1枚とか、この4品を日替わりで食べていました。その結果2ヶ月半で7キロ減量したのはいいのですが、健康診断の結果にビックリ!検診で隠れメタボが判明したのです。

血圧 132/92(正常値130/85以下) 中性脂肪 155(正常値150い以下)オーバーしていました。

体重はやせていったにもかかわらず肥満要素が出てしまったのです。彼女は、すごくビックリされていました。体重は痩せていったにもかかわらず、肥満要素が出てしまったということは、バランスとか極端な食生活にしすぎた結果といえます。

1日に取るカロリーは同じでも、3食に分けて食べるのと、1食でまとめて食べるのとでは、血糖値の上がり方に大きな違いがあります。3食に分けて食べるほうが血糖値の上がり方が少ないのです。こうした急上昇を繰り返していると血糖を下げるインスリンが働きにくくなり、すい臓の機能が低下し、糖尿病や動脈硬化のリスクが高くなってしまいます。

1日の必要な栄養量

1日あたりの必要な栄養量
エネルギー 1950Kcal タンパク質 63.3g 脂質 49.8g 炭水化物 32.1g 植物繊維 18g以上 ビタミンA650ug ビタミンD5.5ug ビタミンB1 1.1mg ビタミンB2 1.2mg 食塩相当量 7.0g未満 カルシウム 650mg 鉄 10.5mg (東京聖栄大学 新村真弓准教授 調べ)

美容師さんが摂っていた1日ささみ3本の食生活は、どんな栄養素になるのかといえば、それは、タンパク質のみです。

体にどんな影響があるのかと言えば、1日1食でささみ3本の食事だと、絶食時間が非常に長くなるので、人間の体は飢餓状態になるのです。このように飢餓状態になると非常に危険なんですね。体の中に栄養分、いわゆる糖分や脂質を溜め込もうと体質が変わってしまうのです。このために血糖値や脂質が高くなってしまいます。

そしてもう一つは栄養素が足らないということです。タンパク質などが足らないと筋肉が衰えてしまいます。筋肉というのは毎日毎日壊されれては作られていくのですね。壊される一方で作る方の材料がなくなれば、どんどん筋肉が衰えてしまうのです。筋肉は代謝として重要な役割をしています。しかしそれがなくなってしまうと代謝が悪くなってしまうということです。

そして食事の回数も気になりますよね。回数ももちろん3食きちんと摂ったほうがいいということです。食事と食事の間(寝ている間以外)8時間以上空けないほうがいいということです。

隠れメタボは女性に多い?

これは無理に体重を減らそうと思わない方がいいってことなんですね。運動をしている人は非常にいいことなんですが、太っていない人が、無理やり厳しいダイエットを行うことは良くないんですね。ちゃんと食べて運動すればいいということです。特に太っていない方は、食事はきちっと摂って運動することが大事です。運動することによって血液の流れが良くなり血圧も下がります。年齢によって違うパターンもありますが、歩く歩数に直すと最低限1日6000歩、できれば1万歩以上運動が必要です。

40歳を過ぎてからの痩せ過ぎというのは、歳をとってからの骨粗相症やいろんな体の病気につながる可能性があります。だから40代以降で無理に痩せることは良くないことです。

普通のメタボは、中年の男性に多いのですが、隠れメタボは女性に多いのです。それは何故かと言うと、女性は、男性に比べると、筋肉がものすごく少ないので、代謝が悪いということです。ですから隠れメタボになりやすいのです。特に閉経後の女性は気をつけなければいけないんですね。

女性ホルモンの中の1つ「エストロゲン」は女性の体を動脈硬化から守る働きがあります。女性ホルモンの乱れが及ぼす症状と対策を知って、更年期を上手に過ごす3つの方法 コレステロールが低く保たれているのですが、閉経になるとホルモンが出なくなってしまって、コレステロールも血糖も血圧も高くなるという人が多いのです。

隠れメタボを放置すると

では、隠れメタボを放置するとどうなるかですよね。

脳梗塞で倒れ、今も右半身にマヒが残っている40代の女性の体験ですが、当時の体重は標準の範囲以内でしたが、高血圧とコレステロール、中性脂肪の脂質異常を健康診断で指摘されていました。しかし、彼女いわく「私は関係ない。私は大丈夫。」という過信というか危機感が全くなかったそうです。

彼女の仕事はシステムエンジニア。残業や休日出勤も多く不規則な食事をされていました。夜遅い時間に普通にご飯を食べるとか、ご飯を作っている間にお菓子を食べるといった、夜の11時12時に平気でポテトチップスを1袋食べるとか、そういうのも時にはあったそうです。

運動不足を解消しようとテニスに通い始めた彼女は、ある日の練習後に異変を感じ倒れられました。すぐに病院に搬送されましたが、脳梗塞と診断されました。一時は右半身が完全に麻痺し動かなかったといいます。

彼女の脳に何が起きていたのでしょうか?

普通は先のほうが詰まって脳梗塞が起きることが多いのですが、彼女の場合は、根本から起きるタイプ。そのために症状も進行性で重く治療が難しいそうです。このようなタイプは、脂質異常などが隠れていて起きる場合が多いようです。今回運動の後倒れたということは、脱水とか他の環境要因が重なって脳梗塞が起きることがあるそうです。

彼女は、脳梗塞で倒れてから2年。賢明なリハビリで、右半身のマヒは回復してきましたが、検診結果が出た時に、もっと気をつけていればと後悔されています。ある意味検診のデータはウソをつかなかったと言っています。そして自分のことを軽視しないでほしいとも言っていました。隠れメタボを放置すると、彼女のようなことが起きるのですね。脳梗塞は若くても、脂質異常や糖代謝異常が隠れていると、脳卒中を始めとした血管障害のリスクが高くなるというわけです。

どうして高血圧、高血糖、脂質異常の3つをチェックするのでしょう?

この3つがあると動脈硬化になりやすいからです。動脈硬化が進むと脳卒中、心筋梗塞、認知症そういった病気を起こすのです。しかし食事では直せない部分があります。

隠れメタボの改善

では、隠れメタボを改善・解消するには、一体どうしたらいいのでしょうか?

それは、運動が一番いいのです。
中でもオススメなのが、福岡大学のスポーツ科学部運動生理学研究所の教授 田中暁宏先生のSJT40というものです。SJT40はアイドルグループの名前ではありませんよ^^; SJはスロージョギングの略で、Tはターンの略です。40は1日40回行うということです。このSJT40は、家の中でできる簡単な運動です。

SJT40のやり方
1.スロージョギングで6歩進む。この時、①ヒジは90度に曲げて腕は振らない。②背筋を伸ばす。③アゴを上げて口は開けたまま。④おしゃべりできるくらいのゆっくしたスピード。
2.6歩進んだら3歩でターン。これを繰り返します。ターンを加えることでターン無しより2.5倍、運動効果が高くなります。
3.1分間を1回として、1日40回行います。

簡単ですが、1回1分なのでトータルで1日40分です。結構な運動ですね。このSJT40を実際、隠れメタボと診断された方が、1ヶ月間行ったところ、隠れメタボが解消されました。隠れメタボは、運動で簡単に解消できるようですよ。

まとめ

いかがでしたが?隠れメタボ、なんだか他人事ではありませんよね。自覚症状がなくても、見た目は痩せていても高血圧、高血糖、脂質異常(中性脂肪/コレステロール)といった2つ上に当てはまる場合は隠れメタボです。自分のことを軽視しないで、具合の悪いときは診察を受けましょう。そして大切なのは、運動することですね。



 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


プロフィール

プロフィール
はじめまして!
管理人のシャル・アンジュ 50代です。

女として美しくあることと
キレイであることを
年齢や体型に関係なくいつも大切にしています。

ワンランク上の「肌・心・体」のキレイを目指し
人生を楽しみましょう♪

どうぞよろしくお願いします。

詳しいプロフィールはコチラです♡