ワンランク上の「肌・心・体」のキレイを目指しましょう♬

menu

シャル・アンジュ

老眼の予防や改善は1日3回の眼トレから!今日から始める目の健康習慣とは?

JV076_72A

年齢と共に視力が衰えていくのは仕方ないなんてあきらめていませんか?実は、目の筋肉を鍛えることで、老眼が進んでいくことを抑制することができるんですよ。今回は、若々しい目を保つためのトレーニングをご紹介します。


目の健康生活

611a2410258f334a9b83e8698cf76cc0_s
最近、老眼が気になり、本や新聞などの文字を見るのがおっくうになったなんて感じませんか?これは、個人差はありますが、老眼は、45歳位から始まるそうですよ。生活する上で、人は受け取る情報の8割が目から得ていると言われています。それほど目から取り入れる情報量は大きなものなんですね。だから老眼をそのままにしておくと、生活の質を損なうどころか、頭痛や肩こりなど身体の不調につながることにもなりかねません。

しかし、目の筋肉を鍛える、眼球トレーニングを習慣化すれば、症状の改善や予防に効果が期待されるんです。いつまでも健康でいきいきとした毎日を送るためにも、ぜひ老化防止ケアの1つである「目のケア」をして、健康生活を送りましょう。

老眼になりやすいタイプとは?

近視だと老眼になりにくいという説を聞いたことがありますが、これは、なりやすいとかなりにくいということではなかったんですね。遠視や正規の人は、近くのものが見えにくいということに慣れていないため、老眼に気づきやすいからなんです。

生活習慣によって、目の老化を加速させてしまうこともありますから、携帯やパソコンの操作や細かい手作業など、目を酷使することは控えましょうね。

若々しい目を保つためのトレーニング

目の筋肉を鍛えると、目の周りの血流や代謝が良くなります。それは、老眼の改善や予防のほか、クマやタルミなどの予防にも効果的なんですよ。習慣化しましょう。

<遠近トレーニング>
近くと遠くを交互に見ることで、目のピンと調整力を鍛えることが出来ます。眼精疲労にも効果的です。
①片手を真っ直ぐに伸ばして親指を立て、爪の先を1秒間凝視
②3~5m先にあるものを1秒間凝視
これを30回繰り返す

<グー・パートレーニング>
目をギュッとつぶって(グー)からパッと開く(パー)ことで、目の周りの筋肉を鍛えたり、クマやタルミを改善するトレーニングです。目の周りの筋肉をほぐす効果も期待できますので、目の疲れた時や気になる時に行うのもいいかも。
①2秒間目をギュッとつぶる
②目をパッと開いて2秒間キープ

目の老化予防は、生活の質を保つことにつながりますよ。

まとめ

老眼は、誰にでも起こりうる現象ですが、対策を行うか行わないかで、その進行スピードは変わるものです。眼球トレーニングを習慣化して、いつまでも自分らしく、イキイキとした生活を送りましょうね。



関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


プロフィール

プロフィール
はじめまして!
管理人のシャル・アンジュ 50代です。

女として美しくあることと
キレイであることを
年齢や体型に関係なくいつも大切にしています。

ワンランク上の「肌・心・体」のキレイを目指し
人生を楽しみましょう♪

どうぞよろしくお願いします。

詳しいプロフィールはコチラです♡