ワンランク上の「肌・心・体」のキレイを目指しましょう♬

menu

シャル・アンジュ

脂肪が減ってお腹がやせる!1日25gのナッツダイエット

ストレスなしのダイエットって魅力的ですよね。でもそんなダイエット方法あるのかなと思いますよね、でもあるのですよ。それは、ナッツを食べることです。おやつやおつまみにもピッタリですし、ストレスなしで簡単ですね。

そこで今回は、脂肪が減ってお腹がやせるという、1日25gのナッツダイエットをご紹介します。


ナッツはダイエットの味方

ナッツの多くは、砂漠地帯や乾燥地帯が原産なのですね。水や栄養が少ない土地で生き延びるために、種に多くの栄養を蓄えるようになったといわれているのです。こんなナッツこそダイエットの味方なんですね。ナッツは、とりすぎた糖質や脂肪を排出してくれるのです。だから普段の食事に加えて、1日25gのアーモンドを半年間食べた人の腹囲が1.9cm減ったそうですよ。続けなければ効果はないですよ。

ナッツは「太りそう」と敬遠する人もいるのですが、実は、ナッツに含まれている脂質は、オレイン酸やリノール酸などの不飽和脂肪酸がたっぷりなのです。細胞膜の材料にも使われている油なので、体脂肪としてたまりにくいのです。

また、ナッツを毎日食べると、便秘が解消する人が多いようですよ。これは、便の量を増やす不溶性食物繊維に加え、便を柔らかくする脂肪が豊富なためです。また堅いナッツは、噛む回数が増えるので、食前に食べると満腹中枢が刺激され、食事の食べ過ぎを防ぐことも出来ますし、それに加え腹持ちもいいのです。

ナッツを食べるとやせる理由

ビタミンが豊富

ナッツには、糖質の代謝を促すビタミンB1、脂肪などの代謝を促すビタミンB2、タンパク質の代謝を促すB6などのビタミンB群を含みます。ミネラルも含んでいるのですよ。

噛む回数が増える

ナッツは堅く、独特の噛み応えがあります。噛む回数が増えることによって、脳の視床下部にある満腹中枢が刺激され、食事を大量に食べなくても満足できるようになります。

便秘解消効果

アーモンドは、ごぼうの約2倍、さつまいもの約5倍の食物繊維を含みます。そのほとんどは、不溶性の食物繊維です。胃や腸で水分を吸って膨らみ、腸のぜん動運動を促します。

ナッツダイエットのルール

1.目安は1日25g
25gは、片方の手のひらに軽く1杯分です。アーモンドのカロリーは、約150calです。

2.アーモンドとクルミを中心にミックス
食物繊維が多いアーモンドと、良質な油を含むクルミを中心に好きなナッツを組み合わせます。

3.食前に食べる
間食にしてもいいのですが、食べるおススメとしては食前がいいですね。食事量を減らし、血糖値の急上昇を抑えるので太りにくくなります。

4.無塩、素焼き
おつまにのナッツには、油や塩が使われています。塩分や余計な油のない無塩、素焼きがいいですね。

1日にトータル25gのナッツを食べる

1日にナッツを食べる目安
・アーモンド(アンチエイジング効果) 約25粒
・クルミ(美肌効果) 約8粒
・マカダミアナッツ 約13粒
・カシューナッツ 約3粒
・ピスタチオ 約30粒

ナッツの定義

ナッツの定義は木になる実の仁であることです。種を割った中の部分が仁なんですね。殻や種に守られた仁には、植物が生き延びるための栄養素がギュツと詰め込められているのですよ。
ナッツ
・銀杏

ナッツでない
・ピーナツ
・松の実
・かぼちゃの種

まとめ

いろいろダイエットをする方法がありますが、ナッツダイエットは、とても簡単だと思うのです。食事の量を無理に減らしたり、食べたいものを我慢することなくダイエット出来ますからね。ナッツには、便通を促す食物繊維や良質な脂肪酸がたっぷりなんですよね。毎日ナッツを25gを食べるだけで、やせられることが分ってきたのですから、早速今日からナッツでポッコリお腹を改善しましょう。



関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


プロフィール

プロフィール
はじめまして!
管理人のシャル・アンジュ 50代です。

女として美しくあることと
キレイであることを
年齢や体型に関係なくいつも大切にしています。

ワンランク上の「肌・心・体」のキレイを目指し
人生を楽しみましょう♪

どうぞよろしくお願いします。

詳しいプロフィールはコチラです♡