ワンランク上の「肌・心・体」のキレイを目指しましょう♬

menu

シャル・アンジュ

紫外線のダメージは肌年齢を加速する!潤いを保つ3つのケア

無題

私知らなかったのですが、夏の肌の疲れを放っておくと肌年齢を加速させてしまうんですね。紫外線やエアコンの冷気にさらされ続けていると、肌の内部の角層が乾燥してゴワついたりくすんだりするのはそのせい。

紫外線のダメージによって、ハリと弾力を失ったコラーゲンがどんどん肌に溜まって、ハリの低下やタルミを引き起こすだけでなく、新しいコラーゲンを生み出す力まで抑制してしまうから、ますます肌年齢を加速させてしまっているのです。

しっかり保湿ケアしているから大丈夫と思っていてもそれだけでは足りないかも…^^;夏のお疲れ肌をしっかりケアし肌年齢の加速を防ぐ対策をしましょう。

毎日朝晩の丁寧なお手入れ

乾燥した夏のお肌には、すみずみまで潤いを届けることが何よりも大切になってきます。もちろん毎日朝晩の丁寧なお手入れは必須です。以前化粧品は何でもいいと思ってたんです。別に肌が弱いわけでもなく、化粧水と乳液とクリームがあればお手入れしているつもりでした。

でも鏡を見るたびシワ、シミが目立ち始めハリもないのです^^;やばいと思いながらも鏡の自分の顔見るのイヤでした。もう年だから仕方ないのかなと諦めてました。

最近はあまりTVを見ないのでわかりませんが、以前松田聖子さんと松たか子さんと中島みゆきさんが出ていた「肌が食べるジェリー」
富士フィルムの化粧品のCMがよく流れていて、どんなのかなと気になってネットで調べました。

はじめは富士フィルムの化粧品?富士フィルムはやっぱりフィルムでしょ!?という感覚。
でもよく読んでいると肌のハリと保湿を重視したスキンケアラインナップというじゃないですか! 浸透力の高い抗酸化成分アスタキサンチンと保湿成分で、肌のハリを取り戻せるなんて本当かな?

物好きな私は、ちょうど化粧水がなくなりかけたので試しにアスタリフトトライアルキットを購入してみました。

a062214ded9f6869c805f7336977aa51

どれも赤のパッケージで可愛いんですね。内容はジェリーとローションと美容液と保湿クリーム。ジェリーはプルプルした“ジェリー状”の美容液で化粧水の前に使うのがポイントのようです。肌にのばすと、すぐにぐんぐん浸み込みすごいなあと感じました。

ローションは一度手の上に乗せ温めてから肌につけるのですが肌に吸い付いてもっちりとても気持ちいいです。やっぱり美容液もすごいです。トロ~りとした液状で今までにない弾力を感じます。

仕上げは保湿クリーム。しっとりとした上に上品なダマスクローズの香りで癒やされました。

私は一度で気に入ったのでセット買いをしました。もう今は使い始めて2年です。あんなにキメが荒かった肌だったのですが、キメが細かくなっていくのが感じられ、鏡を見るのが楽しみになりました。

正直もっと早くこの商品に出会いたかったのが今の気持ち。

ずっとお手入れをしてきて今の私が言えることは毎日お手入れをすることです。今日やったり明日はやらなかったりというのが一番いけないことだと思います。特に休みの日は面倒ですようね。家でゴロゴロしていたいし・・・でもキレイになりたいかどうかだったらやはりキレイになりたいもんね♪

潤いをキープ出来る肌を育てる

潤いを保つには健やかな角層細胞を育む必要があります。そのために大切なのが肌の生まれ変わるサイクルを整えることです。肌のサイクルは通常28日から56日程度の周期です。肌のサイクルを整えるのは保湿であり乾燥を防ぐことです。皮膚の奥から細胞を生み出して、それがゆっくりと表面まで押し出されます。

この働きが一定の周期で繰り返されて、肌はいつも健康な状態を維持します。肌のサイクルをスキンケアで整えることで肌トラブルを防ぐことができるのです。

保湿と美容成分をしっかり与えるとともに軽い運動で血液を促すことも効果的です。
デスクワークの私は朝会社へ行く前に軽いストレッチをやっています。それと朝礼の前にラジオ体操もしています。あとエレベーターを使わずに階段で3階まで上がっています。

わざわざ運動となると大変ですから1駅歩くとか普通より少し早歩きするとか普段の生活から取り入れると続けられますよ。またカフェインは血管を収縮させるため控えめに

コラーゲンを生み出す力を高める

コラーゲンを生み出す力を高めるためにはまずは肌の紫外線ダメージをケアすることが大切です。
UVクリームを使ったり、帽子や日傘、サングラスを使うことは必須です。

ビタミンCやポリフェノール、アスタキサンチン、リコピンといったダメージケア成分をスキンケアや食事に取り入れましょう。

ビタミンCは果物や野菜に多く含まれます。
赤ピーマン、黄ピーマン、ブロッコリー、ゴーヤ、レモン、キウイフルーツなど

またアボガドは食べる美容液といいます。
以前は苦手で食べられなかったのですが、生野菜に混ぜてお気に入りのドレッシングをかけ

「キレイになれる!」と思い込んで食べています。

肉中心だったので今日野菜食べたかな?と思う日があったのですが最近友達から野菜をもらうことがあり、スーパーで売っているのと違い、野菜ってこんなに美味しかったの?と思うくらい美味しいんです。おかげで野菜中心の食生活になりました。

ポリフェノールは赤ワインがよく知られていますが緑茶や大豆、ソバにも多く含まれています。

一時赤ワインを飲んでいましたが、やはりアルコールは苦手。ワインは続きませんでした^^;なので今は緑茶。

アスタキサンチンは魚ではサケやタイ、キンメダイ、イクラなど甲殻類ではエビやかになどに多く含まれています。

加熱すると赤くなるのが特徴です。

リコピンはトマトやスイカ、グレープフルーツの赤色。美白効果やダイエットだけでなく血糖値を下げたり動脈硬化の予防やがん予防にもなります。

トマトは生で食べるより加熱する方が効き目あり。
レンジで加熱しそれをミキサーで液状にしてそれを氷を作る容器に入れ冷凍しておきます。そうすればいつでも食べられるし味噌汁のダシにしてもいいかもです。

まとめ

肌のお手入れは肌年齢の加速を防ぐ対策は3つありましたね。

・毎日朝晩の手入れ
・潤いをキープ出来る肌を育てること
・コラーゲンを生み出す力を高めること

毎日の生活の中に取り入れて肌年齢の加速を防ぎましょう。


 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


プロフィール

プロフィール
はじめまして!
管理人のシャル・アンジュ 50代です。

女として美しくあることと
キレイであることを
年齢や体型に関係なくいつも大切にしています。

ワンランク上の「肌・心・体」のキレイを目指し
人生を楽しみましょう♪

どうぞよろしくお願いします。

詳しいプロフィールはコチラです♡