ワンランク上の「肌・心・体」のキレイを目指しましょう♬

menu

シャル・アンジュ

ぽっこりお腹とお尻のたるみを1日2分で解消!

お腹ポッコリ、お尻はダラリ、鏡に映る自分の姿にガックリしていたのですが、なんとお腹とお尻のたるみをダブルで解消出来る方法があるんですって。しかも1日2分。

この方法を教えてくれたのは、Dr.KAKUKOスポーツクリニックの中村格子院長さん、50歳。過去に青木さやかさんのお腹を2週間でウエスト6cmも細くしたり、友近の下腹を9cmも細くしたスーパードクターなんです。

今回はお腹とお尻のテーマですが、太っているだけで”たるんでいる訳じゃないわ”と思っていませんか?この考え大きな間違いです。


肥満の指標BMI

”太ってる”と言う方は多いのですが、日本人の7割は太っていません。太っていると思っている方の多くは、実はたるんでいるのです。
一体どういうことなのでしょうか?肥満かどうかは、肥満の指標BMIで裏付けされているのです。

BMI=体重÷身長÷身長

例えば身長170cm 体重70kgの女性
70÷1.7÷1.7=BMI24.2

BMIが25以上で日本人は肥満のグループに入ります。
しかしこの女性、お腹はぽっちゃりしていましたが、太っていないのです。

”私お腹出ちゃってます”という殆どの人は、肥満ではなくたるんでいるだけだったんですね。そのことに気づかずに、食事制限などのダイエットで体重は減っても、たるみはなかなか改善されませんよね。

そこで今日教えてもらうやり方、肥満の人はもちろんですが、”細くてもたるんでいる人ほどやってほしい”と言われていました。どんな方法何でしょうかね。

そんな超名医の超簡単な運動を習得されたのは、なんとフォーリンラブのバービーちゃん32歳です。見るからに肥満!長年のたたるみがずっと気になっていたのだとか。
サイズ計測 おへそ周り96㎝ ウエスト 90㎝ 立派な体型ですね。

たるみを改善するために

たるみを改善するため、あるポイントに目を向けるべきなんです。それは、脂肪に目がいきがちなのですが、まずは筋肉をしっかり鍛えることです。鍛えるのは、重力に抗する筋肉です。その筋肉の名前は抗重力筋。

お腹や背中まわりを中心とした筋肉で、重力に逆らい立つために必要な筋肉のこと。この筋肉が弱まると重力に抗えられずに姿勢が悪くなり、その結果たるみになります。それは、お尻のたるみにも抗重力筋が関係しています。

お尻はなぜたるむのかは、筋肉が弱まると脂肪も一緒に垂れてしまう、という結果になります。でも抗重力筋は何歳からでも鍛えられるのだとか。よかったです。

抗重力筋を鍛えてお腹とお尻のたるみをWで改善できるという中村格子メゾットとはいったいどんなことなのでしょうか?この筋肉を鍛えるのに道具がいる?覚えるのが大変?と心配ですよね。でもご安心下さい!超シンプルです。

アップ運動

お腹や背中まわりの抗重力筋を鍛えてお腹のたるみを重点的に改善

1.かかとをつけて足を60度に開き、両手は上で合わせる
両方のかかとが離れないようにしながらアップ。その状態で背伸びを行い5秒間キープ
これを5回繰り返す

お腹と背中の筋肉を意識しながら真っ直ぐ伸びることがポイントですが陥りがちなことが・・・
それはバランスがとれずにフラフラしてしまうことです。

背中を反りすぎるとお腹が前に出てしまい、うまくバランスがとれません^^; これは、お尻に力をいれることで真っ直ぐに伸びることができるのです。体力に不安な方は壁に持たれて大丈夫だそうですよ。全然場所もとらないし動きが簡単ですね。手順がないから覚えられますね。

ダウン運動

大臀筋を中心に鍛えてお尻のたるみを重点的に改善

1.足を肩幅より広めに開きつま先を30°程外側に開ける。
2.膝が内側に入らないようにゆっくりアップダウンする。
これをゆっくり5回繰り返し
注)このとき陥りやすいミスは、膝が内側に入ると、効果はでません。抗重力筋を鍛えているのではなく、別の筋肉を刺激していることになるのですね。
3.5回目は下げたところで、小刻みに5回アップダウン

使ったことがない細かい筋肉が活性化されたようです。やった直後、”引き締まった感じがします”とドクターは、バービーちゃんを褒めていました。そんなに速く効果が出るのなら早速やるべきですね。1日2分やるだけの時間もお金もかけない、2つの運動が抜群です!

たるみが改善

こうしてバービーちゃんのたるみ改善生活がは始まりました。最初は不安定でしたが、続けているうちに安定感が増してきた様子。食事制限は一切ありません。炭水化物も油物も同じように食べていました。1週間続けた結果なんとお腹スッキリ。

サイズ計測 おへそ周り 1週間前 96㎝ → 1週間後 88cm -8cm  
ウエスト 1週間前 90㎝ → 1週間後 83cm -7cm
お尻周り 1週間前 108cm → 1週間後 106cm  -2cm  ヒップも0.5cmUP  わずか1週間なのに大幅ダウン

ヒップが5mm上がることはすごいことなんですって!日々下がってしかいかないのにそれが上がっている!これは重力に反しているってことですね。

体に一体何が起きたのでしょうね?

それは、胴体をまっすぐにして立てる筋肉がきゅっと引き締まったので、内臓があるべき位置に移動してお腹が引き締まってきたということです。
1日たった2分でお腹とお尻のたるみをWで改善する運動、これはやらない手はないですよ!

そして大事なのは、いつやるかです。それはにやるのが効果的です。

まとめ

お腹がポッコリしているのは太っていると思っていました、実はたるんでいたのですね。それを改善する方法は、アップ運動とダウン運動。場所もいらないし、動きも簡単です。しかも何歳からでも鍛えられるのですよ。これなら今すぐやるべきですね。


関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


プロフィール

プロフィール
はじめまして!
管理人のシャル・アンジュ 50代です。

女として美しくあることと
キレイであることを
年齢や体型に関係なくいつも大切にしています。

ワンランク上の「肌・心・体」のキレイを目指し
人生を楽しみましょう♪

どうぞよろしくお願いします。

詳しいプロフィールはコチラです♡