ワンランク上の「肌・心・体」のキレイを目指しましょう♬

menu

シャル・アンジュ

夏は老ける!?夏バテの原因と簡単な対策法とは?

aaed7419e77a2f9f9107f2dde3ef21b4

紫外線ってやっぱりいいことないんですね。5月頃から8月頃までに蓄積された紫外線、これが毎年続くと身体に想像以上のダメージを与えているって知っていましたか?さらに、うだるような暑さと涼しい部屋にいる温度差が体に影響を与え、夏バテとして表れているんですよ。

夏は、もう終わりと安心してはいけませんよ。この時期だからこそ必要な対策をお伝えいたします。


夏が体に与えるダメージ

紫外線は、100害あって1利のみなんです。その1利とは、体内でビタミンDを作るというとても大切なことなんですが、紫外線の大部分は、皮膚に対するダメージを与えています。

肌の老化の約80%は紫外線による光老化

しかし、目に見えるダメージがないとケアしませんよね。だから今の肌の状態を知ることが大切です。光老化は、真皮にある皮膚の弾力を保つ弾性繊維が破壊され、弾力がなくなってきます。年令によっても変わりますが、戻りが遅いと弾力性が失われています。

やはり、こまめに日焼け止めを塗っったり何かと対策をしている人は、戻りが早く、弾力性が保たれています。それに比べ全くケアをしていないと、弾力性が失われるんですね。実際ほっぺたを摘んで離してみると、戻りが遅い、そんなことありませんか?気になるのなら、試してみて下さい。

シミやシワの原因になってしまう光老化、このメカニズムは、肌に紫外線が当たると、表皮の一番下にあるメラノサイトが活性化します。このメラノサイトがメラニンという色素を作り出し、肌を黒くします。通常メラニンは、一定期間で、生成はストップし、自然と剥がれ落ち、シミにはなりません。しかしメラノサイトに異常が起こり、過剰にメラニンを生成すると、いつしかシミになってしまいます。

そして、さらには、コラーゲンなどを作り出す機能が低下し、真皮を正しい構造に保てなくなり、シワになってしまうのです。他にも、水分バリアが破壊され、乾燥肌になってしまいます。肌を無理に焼いていると、年令に関係なく、乾燥してしまうんですね。乾燥が気になっていたら、しっかりケアしないとシワが増えますよ。

若い時にこのメカニズムを知ってケアしていたら、今ほどシワやシミに悩んでいなかったでしょうね。

紫外線でバテる?

紫外線は、肌の影響だけでなく、疲労との関係もあるようですよ。汗がでると、汗腺が活発になり、熱を放出しようとします。エネルギーを使ったため疲労につながってしまいます。太陽の日差しが加わるとどう変化するのでしょう?容赦なく降り注ぐ太陽の日差し。なぜ外にいるだけで疲れるのか、それは、サンバーンと言って紫外線によって、炎症を傷つけられた細胞や遺伝子を修復しようと体中を回るので、無意識に体力を消費し、疲労感が増すんですね。夏のだるさに影響を与える紫外線ですが、しっかり日焼け止めを塗ることで、紫外線を遮断し疲労度は増しません。

洗濯物を干す時間、ちょこっとだからって安心していませんか?10時から14時の間はなるべく避けて、太陽が低いうちに洗濯物を干して、取り込むのも太陽が低くなてから取り込むのがいいようです。色白で赤くなりやすい人は、シミやほくろが増えやすく、光老化が強く現れやすいということです。太陽の光は、紫外線、赤外線を含んでいますが、赤外線は、熱作用があり身体を温め、汗をかくことで疲れてくるんですね。

夏のダメージ回復法

5月から8月にかけて紫外線を浴び続けた蓄積により、夏のだるさを感じている人も多いはず。そこで重要なのが、緩和しようと活性酸素を取り除く、緑黄色野菜を摂ることが大切です。緑黄色野菜は、活性酸素の影響で減りやすいビタミンA・ビタミンC・ビタミンEが豊富です。疲れからの回復や肌の光老化を緩和してくれるんです。だから進んで緑黄色野菜を食べましょう。
・ブロッコリー
・トマト
・かぼちゃ
・ニンジン
・パプリカ

紫外線を浴びるのは、皮膚だけではありません。目からも入ります。紫外線を長年浴びていると、目の白内障を起こす原因にもなりかねません。太陽光に含まれる紫外線が、水晶体に入り込むと、タンパク質が変性し白く濁ってしまいます。

その対策の1つとしてサングラスです。しかしサングラスといえば、色の濃い方がいいと思われがちですが、色が濃いと目の瞳孔が開いてしまい、紫外線が目に届いてしまいます。ですから薄い色のサングラスを使うのが目にいいようです。

そして夏のだるさを引き起こすもう1つの原因、それは現代ならではの夏バテ寒暖差です。1週間の中でも15℃の気温差が季節の変わり目、特に春先のことですよね。夏は、暑いだけなのですが、外はすごく暑いのに、急にクーラーの効いている室内に入る。この寒暖差が身体に悪影響となりなます。寒暖差により、自律神経が乱れ、体温調節ができなくなり、暑くなっても熱を下げられず、疲れが蓄積されやすくなります。

この寒暖差からくる夏バテの対策法が、ゆっくりお風呂に入ることです。ゆっくりお風呂に入ることは当たり前のことですが、簡単に一工夫で夏バテ解消に効果があります。その効果的なアイテムは、炭酸の入浴剤です。

炭酸の入浴剤は、抹消の血管を開く効果があります。冬は、温かいお湯に入れることでしっかり温めてくれますが、、夏は、38℃くらいのぬるま湯に入れましょう。身体にこもった熱を効果的に取り除いてくれます。またぬるま湯は、リラックス効果もあり、寝苦しい夜の睡眠不足解消にもなります。夏の寒暖差からくるだるさは、ぬる~い炭酸風呂でしっかり回復しましょう。

まとめ

紫外線って身体に悪影響を与えるんですね。その対策法は、
・日焼け止めはこまめに塗る
・食事に気をつけて緑黄色野菜を積極的に摂る
・炭酸の入浴剤でぬるめのお湯にゆっくりつかる
夏バテしないように、今日から始めましょう。



関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


プロフィール

プロフィール
はじめまして!
管理人のシャル・アンジュ 50代です。

女として美しくあることと
キレイであることを
年齢や体型に関係なくいつも大切にしています。

ワンランク上の「肌・心・体」のキレイを目指し
人生を楽しみましょう♪

どうぞよろしくお願いします。

詳しいプロフィールはコチラです♡