ワンランク上の「肌・心・体」のキレイを目指しましょう♬

menu

シャル・アンジュ

足のむくみを解消したい!1日たった2分の超簡単トリプルアタックとは?

87cb8f6d-be18-469b-8651-d58c1ec6b378

ムシムシ暑くて足を出す機会も増える夏。むくみの悩みを抱えている女性、なんと100人中83人もいるそうです。でもむくみと言えば、血の巡りが悪くなる冬ってイメージですよね。実は違うんです。むくみを訴える人が一番増える季節が夏なんです。

多くの女性が辛さを訴えるむくみ。ただでさえ不快なのに実は、放置すると悪臭の元に・・・!むくみを放っておけば夏太りにつながる!?そんな放置すると恐ろしい足のむくみを改善しましょう!


むくみって何?

むくみとは、血管の中によどみ溜まった血液の水分が、血管の壁から外に染み出してしまって、その水分が細胞の間に溜まった現象のことをいうそうです。重力の関係で、水分が溜まりやすい足に出やすく、ホルモンや筋力の関係から、女性に多いいそうです。

1日にどのくらいむくむのでしょう?むくみの測定方法は簡単。一杯まではった水槽の中に足を入れ、あふれた水の量を測ります。朝と夜の差でどれくらいむくんだかチェックします。

1日中立ち仕事のバスガイドさん:230ml増加
1日中動きっぱなしの主婦:700mlの増加
室内で座りっぱなしの友近さん:140ml増加

密着した3人共、夕方のほうがむくんでいることがわかりました。特に主婦の方は、半日で700mlを記録。すごいむくみですね^^; バスガイドさんや主婦の方は、暑い中働いているので、高い数値です。実は、夏ならではのむくみの原因があるそうです。

むくみの原因

夏は、むくみを引き起こしやすい条件が整っています。

<夏のむくみの原因①>
夏の暑さで血管が膨張し、血流の勢いが鈍くなり、血管から水分が染み出しやすくなる

<夏のむくみの原因②>
大量の汗と共に、水分代謝を調整する物質が流れてしまい、むくみやすさに繋がる

暑い夏は、普通に生活しているだけでも、むくみを引き起こしやすい季節なんです。夏ならではの他の理由は、病気などのさまざまな原因がありますが、生活習慣に関して気圧もあるようです。夏は、台風もあって、気圧も低いシーズンです。気圧が低いと、血管が広がりやすく、血液が鈍くなることで、水分も溜まりやすいということだったんです。

菓子を山の上の方に持っていくと、パンパンに膨らみますよね。それと同じ現象が、血管の中でも起きているんです。天気が悪い日だとむくみには、要注意なんです。

むくみで足からアンモニアの臭い!?

むくみで生み出す臭いは、汗や雑菌による足の匂いとは、全く別の厄介なものなんだとか。むくみで生まれる臭いは、疲労臭と言われ、アンモニアが混ざっています。まだ、科学的な裏付けはありませんが、むくみとアンモニア臭は、関係があるんだとか。

一般的な足の臭いは酸性ですが、アンモニアが含まれていれば、アルカリ性の臭いを感じるはずです。むくみに悩んでない人は、臭いがしないようですが、むくみに悩んでいる人の中には、アンモニア臭がするそうです。

しかもこの疲労臭は、ただ臭うだけでないようです。一般的な雑菌の足の臭いに、疲労臭が混ざることで、より強い悪臭になるんです^^; この疲労臭には、驚きの特徴があります。疲労臭は、足を洗っても消えないんです。夏という季節と、むくみが生み出す疲労臭独特のメカニズムがあったのです。

夏は、むくみが起こりやすい季節。むくみの原因でもある血流の鈍った状態では、アンモニアなどの老廃物を肝臓が分解しきれず、体内に拡散し、やがて重力の関係で足に蓄積し、疲労臭となって臭うんだそうです。むくみから生まれる足の悪臭、この夏むくみとともに撤退したいものですね。

足だけじゃない?むくみ放置は夏太りの原因!?

むくみといえば、足というイメージですが、二重あごや二の腕のたるみ、ぽっこりお腹も、むくみが原因の可能性があるんです。あごの下、二の腕、お腹は、脂肪がつきやすい場所なんです。単に太ったと思い込んでいる人が多いのですが、足と同じように、重力で水分が溜まりやすい場所でもあるんです。

足以外がむくむ人は、女性に多い冷え性です。冷え性の人は、毛細血管の血流が悪く、水分循環がうまくいかなくて、足以外もむくみやすいのです。とくに夏は、薄着の季節。クーラーの効いた部屋でも、外と同じ薄着で過ごす人も多く、冷えに対して油断しがちなんです。

<むくみやすさチェック!>
二の腕を触って「冷たい」と感じる人は、足以外もむくみやすい可能性が高いそうです。

全身のむくみを放置すると血行がさらに悪化。代謝が下がり、夏太りの原因になるんだとか。余分な水分がたまった状態とは、濡れた水着を着ているようなものです。人の約60%は、水分なので、むくみを解消すれば、2~3Kg体重が減る人もいるんですよ。つまり、むくみを改善すれば、服のサイズを1サイズ、ダウンすることが出来るかもしれませんよ!これは、ぜひチャレンジしたいですね。

全身のむくみを予防する効果的なもの?

全身のむくみ予防に、効果が期待できる重要な成分があるといいます。それは、カリウムです。体内の水分調整を行う、特に重要な成分で、利尿作用もあり、むくみの予防に欠かせないものなんです。カリウムは、水溶性で、汗とともに排出されやすい性質をもっており、汗をかく夏は、カリウムが不足しがちだそう。だからカリウムをしっかり摂りましょう!

<カリウム含有量 100gあたり>
すいか 120mg
きゅうり 200mg
にんじん 270mg
あずき茶 1500mg

あずきには、むくみ予防に有効とされるカリウムが豊富です。さらに利用作用が期待できるサポニンを含んでいるので、むくみ予防に打ってつけです。

<あずき茶の作り方>
①水洗いしたあずき50gをアルミホイルに重ならないように並べる
②トースターで5分間加熱する
③加熱したあずきを水と一緒に皿に入れる
*あずき50gに対して水400ml
④ラップをしてレンジ(500w)で10分間温める
*やかんや鍋で煮出してもOK!

全身のむくみ予防にお試しあれ~!

注)冷たい水を一気に飲むと、内臓が冷え、むくみの原因になるんだとか。こまめに水分を摂る。これが、むくみ予防に効果的なんです。

2分で即効改善!?むくみトリプルアタック!

むくみの改善に最も重要なポイント、それは、静脈です。人の体の水分回収の9割が静脈を担っています。つまり、静脈の血流をアップさせることが、むくみの解消に大事なんです。

トリプルアタック1
第二の心臓、ふくらはぎを動かし血流をアップ!ふくらはぎを動かすことで、静脈の血液を上へ戻す効果が期待できる!
・椅子に座ったまま、かかとを上げ下げ20回繰り返す

トリプルアタック2
下半身で一番大きい筋肉である大腿四頭筋を動かし、静脈の血液をさらに上に引き上げる!
・椅子に座ったまま、足を交互に蹴り出す。左右合わせて20回

トリプルアタック3
ふくらはぎや太ももの筋肉を動かし、上げられた血液を、さらに深呼吸による横隔膜の動きで、心臓に引き上げられる!
・胸を膨らませることを意識しながら、ゆっくりと深呼吸を数回します。吸うて吐いて吸うて吐いて・・・

ふくらはぎ、太もも、横隔膜の3つの動きで静脈の血液を心臓に戻すトリプルアタック!これにより、静脈の血流をアップさせ、むくみの原因である水分の回収が期待できるんだそうです。あなたも早速やってみましょう!




関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


プロフィール

プロフィール
はじめまして!
管理人のシャル・アンジュ 50代です。

女として美しくあることと
キレイであることを
年齢や体型に関係なくいつも大切にしています。

ワンランク上の「肌・心・体」のキレイを目指し
人生を楽しみましょう♪

どうぞよろしくお願いします。

詳しいプロフィールはコチラです♡