ワンランク上の「肌・心・体」のキレイを目指しましょう♬

menu

シャル・アンジュ

カラーレスチークでトレンドの顔に仕上げる3つの方法

a146bc7361da11f944d9cbd91345aa63

メイクの中でもチークの入れ方、意外と難しいのですね。肌にあった色とかチークを入れる位置とかいろいろ配慮いりますもんね。濃すぎると入れてます感がありますし、かといって入れないと顔色が悪くなるし。で今秋のチークのトレンドを調べてみましたよ。

今年は、一言で言えばカラーレスです。でもチークを塗らないことではないのですね。秋のメイクは目元も唇も強いカラーが人気ということなのですが、頬は控えめにするほうが、バランスがいいようですよ。どの程度塗るのかは、メイクの最後に決めるのですね。いかに主張せず、でもチークのもつ女らしさや色気を演出するのが重要なんですって。

大切なのは、薄づきチークを選んで、いかに肌に溶け込ませるように塗ることがポイントですよ。そこで今回は、カラーレスチークでトレンドの顔に仕上げる3つの方法をご紹介します。



肌に溶け込んだリアルな血色感が今っぽさ

女らしさを演出するのは血色のいい頬ということです。しかしチークを濃く塗った人工的な血色した頬は、かえって子供っぽく見えてしまいますので、シックな秋には、NGなんだとか。チークをとことん肌と一体化させて自然な血色感に見せることが、今っぽさといえる頬の絶対条件ということなのです。

秋冬の新色チークは薄づきが主流に

出そろった秋冬の新作チークを試せば、そのシアーな発色の多さに驚きますよ。最初から薄づけですから、コツもいりませんし、簡単にカラーレスチークを仕上げることが出来ますよ。また薄づきだからこそ、重ねても色の調整ができますし、しかも失敗も防ぎやすいのですね。

目元、唇のカラーメークを微妙に引き立てる

今秋のトレンドは、赤シャドウや赤リップなどの、カラーメイクです。目元や唇が主役になった時は、チークは脇役になってしまいますが、脇役だからこそ芸が光るのですね。控えめでありつつも、計算的に色を添えるので、引き立てながら全体の完成度が上るのですよ。

カラーレスチークレッスン

かわいくて大人っぽい演出は頬の下側にボトム塗り

淡いシュガーピンクのチークは、塗る位置を下げるだけで、自然と大人っぽくこなれた表情になります。透明感がプラスされて、外国人風の青み系白色肌の印象になります。
1.黒目下の頬骨から斜め下にジグザグ塗ります。同様に口角付近から頬骨に向かい斜め上にも塗ります。
2.頬全体を指の腹で軽くハンドプレスします。チークをしっかり肌になじませましょう。

あどけないのに色っぽい演出は楕円形にムラ塗り

実際の肌の血色感は均一に色づいていませんよね。だからややムラがあるというリアル感が必要です。本物の血色感をリアルに見せるのは、ブラッディレッド。このブラッディレッドチークを指であえてムラっぽくします。あどけなさを見せつつも、生っぽい艶やかな表情に仕上げます。
1.手の甲にチークを出して、2本の指になじませてから、頬骨に沿い楕円形にポンポン塗ります。
2.塗ったチークの上を何もつけていない指で所々押さえてムラッぽさを作ります。

上品でこなれたヘルシーな演出は広く丸く磨き塗り

コラールベージュのチークは、一見血色感とは対局にあるようなベージュです。でもほんのりコーラルと繊細パールをプラスした色ならたちまちヘルシーな血色感になりますよ。頬全体に丸く塗りつつも、中央にツヤを足すことで骨格をキレイに見せる効果があります。
1.チーク全体をブラシにとり、頬の中心からくるくる磨き上げるように広めに塗ります。
2.ハイライトカラーをブラシにとり、頬のいちばん高い位置に丸く塗り、ツヤをプラスします。

まとめ

チークと肌は一体化しているので、一見塗っていない=カラーレスのように見えますが、よく見ると色がプラスされているんですね。全体のメイクは、女度を自然と底上げされているという、なんと計算的なカラーレスの頬が今っぽいんですよ。カラーレスチークは、肌に溶け込んで女度を上げるフレグランスみたいなものですからね。チークはメイクの最後に計算的に香らせるのがいいんですね。この秋カラーレスチークでトレンドの顔に仕上げてみてはいかがですか?


関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


プロフィール

プロフィール
はじめまして!
管理人のシャル・アンジュ 50代です。

女として美しくあることと
キレイであることを
年齢や体型に関係なくいつも大切にしています。

ワンランク上の「肌・心・体」のキレイを目指し
人生を楽しみましょう♪

どうぞよろしくお願いします。

詳しいプロフィールはコチラです♡