ワンランク上の「肌・心・体」のキレイを目指しましょう♬

menu

シャル・アンジュ

手のひらが黄色い人は要注意!?原因と手のひらの色を改善

ffa56790e71dc1d035c7d44428dd8f94

自分の手のひら、じっくり見たことありますか?実は、手のひらの色で、健康状態が分かるんですよ。早速チェックしてみましょう。


手のひらの色をチェック

手のひらの色をチェックしてみると、多くの人はピンク色ですが、中には赤い人も。さらにちょっと黄色い人もいます。まさに十人十色ですね。手のひらは特に毛細血管が発達して、皮膚が薄いので、血流の状態や血液の色がよく分かるんですよ。

手のひらは、血管が、わずか0.2㎜とうすい皮膚の下を通っているため、血管の状態を表す色の判別が、体の中で最もわかりやすい箇所なのです。ちなみに最も健康な色は、ピンク色です。血色がよく血管の状態が良好なことを表しているんですね。

手のひらが黄色い人

黄色い手のひらの人は、みかんの食べ過ぎなんて言ってましたが、違ったんですね。では、黄色い人はいったい何でしょうか?

手のひらの黄色い人は。肝機能が低下しているのだとか。肝機能が低下すると、血液中にビリルビンという黄色い物質が増加します。このビリルビンは、黄色い物質のため、血管の中でこの物質が増えることで、皮膚から透けて見えるといいます。しかし要注意なのは黄色だけではないのです。

手のひらの赤い人も要注意!?実は、赤くなっている理由というのは、血管がドロドロになり、血流が悪くなっているそうです。その結果、血管内に血栓ができやすいそうです。放置していると、よくないですよ!

ピンクではなく、赤と白がまだらに見えている手は、血流がまんべんなく行き渡っていない証拠なんだとか。赤色ほどではないですが、血管の悪化が考えられるといいます。手のひらの色は体の不調のサインです。

私は、少し赤め。 血管がドロドロかも^^;

手のひらの色を改善

つまり手のひらの色を改善すれば、体が改善できたという証拠にもなるといいます。そこで、手のひらの色を整える血管の状態を改善する、秋にぴったりな料理をご紹介します。

それは、サンマのレモン酢かけです。

秋の味覚サンマに、血管年齢を若返らせるスーパー調味料、レモン酢をかけた一品です。サンマには、EPAと言われる血栓を溶かす成分が豊富に含まれていて、レモンとお酢には、血流を改善させる効果があります。つまり血管の悪い箇所を溶かして流す、このWの効果で、血管の状態を改善させることが期待できるといいます。

レモン酢の作り方(約12日分)
・国産レモン 2個
・穀物酢 400CC
・はちみつ 60ḡ

レモンを酢で漬け込み、はちみつを和えるだけで作れる、レモン酢を焼きサンマにかけるだけです。

サンマの油が、レモンとお酢の酸味をマイルドにしてすごくいいですね。はちみつを入れているのに、ちょうどいい感じですよ。美味しく健康になりたいですね。

サンマを食べるなら日曜日の夜です。夜特に寝ている間というのは、体を動かさないので、血流が落ちて血栓ができやすいのです。しかも統計的に心筋梗塞や脳梗塞は、月曜日の朝に起こりやすいことがわかっているのです。

これは、どうしてなのかは、休日が終わるというストレスから、抹消血管が収縮し、脳梗塞が起きやすいと言われています。なのでサンマを食べるのなら日曜日の夜に食べるのがオススメです。

さらにサンマと一緒にもう一つ食べるといいものがあります。それが豆腐です。豆腐を食べると、幸せホルモンが増えて、リラックス効果が期待できます。さらに、心筋梗塞や脳梗塞を防ぐのに効果が期待できます。

まとめ

サンマと豆腐でストレスを和らげて、日曜日の夜に寝る、特別な食材でないので、ご家庭で簡単に食べられます。この組み合わせだと太らないからいいですね。




関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


プロフィール

プロフィール
はじめまして!
管理人のシャル・アンジュ 50代です。

女として美しくあることと
キレイであることを
年齢や体型に関係なくいつも大切にしています。

ワンランク上の「肌・心・体」のキレイを目指し
人生を楽しみましょう♪

どうぞよろしくお願いします。

詳しいプロフィールはコチラです♡