ワンランク上の「肌・心・体」のキレイを目指しましょう♬

menu

シャル・アンジュ

老けない体をつくる食べ方とは?体が若返る食材と食事方法

8374418d085eaffde6b9efddaeaa9502

同じ年齢でも若々しく見える人と老けて見える人いますよね。それはどうしてなんでしょう。その1つは、食べ物なんです。だったら毎日の食事大切ですよね。何をどのように食べるのか、食べないのかで、毎日の食の選択があなたを老けさせもし、若返らせもするんです。

そこで今回は、老けない体をつくる食べ物で、体が若返る方法をご紹介します。


実年齢よりも老けて見えるのはどうして?

実年齢よりも老けて見える人は、全身の細胞ひとつひとつが、通常よりも老化が早く進んでしまっているからなんです。老化の進行は、病気の進行と密接に関係しています。

白髪が増えたり、シワやシミが目立つ様になるのはまだしも、骨粗しょう症や認知症、がんというのは病気です。しかし歳をとれば誰でも病気になるというものでは決してありません。たとえ病気に見舞われたとしても、それを治す力が細胞の中にあります。

病気を治すのは、お医者さんや薬と思っていますが、実はそうではありません。それは、体を構成する60兆個の細胞なのです。だから、細胞たちに任せればいいだけです。だからその環境をできるだけ整えてやるのが、私達の役目です。

では、どういった役目なのか?それは「老けない体をつくる食べ方」が大切なのです。何をどのように食べるか、食べないのか。そういった毎日の食事の選択が、老けることだって、若返ることだって出来るのです。

老けない食べ物

病気や不調を改善する老けない食べ方の基本は、穀物と野菜です。玄米を中心に野菜をたっぷり食べる習慣をつけるだけで、老化スピードは遅くなり、若返り始めますよ。

野菜

yasai
緑黄色野菜・淡色野菜は、植物性の健康成分(ファイトケミカル)の宝庫です。種類は少なくても必ず旬の新鮮な野菜を食べましょう。里芋やさつまいもなどのイモ類は、カリウムや食物繊維が豊富で、腸だけでなく、全身の健康に役立っています。

海藻類

007

ミネラルをたっぷり含んだ海藻類であるわかめや昆布、海苔など日本の食卓に欠かせませんね。

具たくさん味噌汁

utinohourenso-300x264-1
発酵食品の味噌と旬の野菜でバランスが整います。味噌汁は、なんといっても日本人のソウルフード。大豆が原料の味噌は、大事なタンパク源であり、ミネラルも豊富です。

果実類

huru-tu
旬の果物は、ビタミンが豊富。ビタミンをはじめとした栄養を持つ旬の果物は、皮ごと食べられるものは、丸ごと食べるようにしましょう。

玄米

photo
未精米穀物には、体に必要な栄養が凝縮されています。不足しがちなミネラルと食物繊維が豊富な玄米。毎日の主食を玄米にするだけで食事の質が一気にアップします。

きのこ類

Mushrooms
食物繊維やビタミンを多く含み、免疫力アップに一役買ってくれます。程よい食感は、よく噛んで食べることにつながります。食物繊維で腸をキレイに。

豆類

mame
タンパク質、マグネシウム、鉄、亜鉛で若々しい体の土台づくり。重要なタンパク源で、各種ミネラルも豊富です。納豆などの大豆発酵食品も積極的に食べましょう。

良質な油

20140605-09
体内で作ることが出来ず不足しがちなオメガ3脂肪酸は、意識して摂取することが必要です。その代表的な摂取源が亜麻仁油で、青魚のEPA、DHAもオメガ3脂肪酸です。オメガ3オイルで、脳を若くイキイキと。

種実類

140718_tachihara_0745_480_360
くるみやごまなどの種実類は、ビタミン、ミネラル、良質な脂質が豊富です。料理やおやつに活用しましょう。

体が若返る食べ物は、お肉や、加工品ではなくて、玄米を中心に野菜や果物、海藻類、豆類、きのこ類、良質な油、種実類がいいんですね。

老けない食べ方

何を食べると老けないのかと同時に、大切なのがどう食べるのかということです。食べ物の栄養をしっかり摂り込んで、余分なものはためないようにしましょう。

少食を習慣づける
現代人は、とにかく食べすぎで、肉類などの高タンパク・高脂肪食を好んで食べますよね。しかし食事を減らすだけで、消化する負担が減り、細胞が元気に動き始めます。

<空腹で5つの力がアップ>
①体内の有害物質排出力アップ
②酵素の節約で体の治癒力アップ
③内臓を休ませることで機能アップ
④余分な栄養が減り代謝アップ
⑤血液サラサラ効果アップ

よく噛む
噛むことで分泌される唾液は、食べ物の消化や栄養の吸収をスムーズにします。その他にも口腔内の環境も整えますが、食事の回数が多い人ほど、口の中の環境が悪化し、虫歯の原因になりやすくなります。噛むことは、口の周りの筋トレになるため小顔効果があります。さらによく噛むことで、少ない量でも満腹になるというメリットもあります。

<唾液の働き5つ>
①消化酵素アミラーゼを分泌して消化を助ける
②口の中の滑りをよくして飲み込みやすくする
③唾液で食べ物を溶かすことで味覚が良くなる
④口の中を唾液によって殺菌し免疫力が高まる
⑤口の中の粘膜を保護して口の中を保湿する

よく噛むことは、健康長寿の効果が凝縮されています。1口30回噛んで、少食を習慣づけることが大切なんですね。

まとめ

老けないことは、健康になることなんですね。今日から老けない食べ方で老けない生き方を実践しませんか?


関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


プロフィール

プロフィール
はじめまして!
管理人のシャル・アンジュ 50代です。

女として美しくあることと
キレイであることを
年齢や体型に関係なくいつも大切にしています。

ワンランク上の「肌・心・体」のキレイを目指し
人生を楽しみましょう♪

どうぞよろしくお願いします。

詳しいプロフィールはコチラです♡