シャル・アンジュblog

menu

シャル・アンジュ

スーパームーン皆既月食2021年5月26日月の出から見逃さない!

スーパームーンといえば、
その年に見られる最も大きな満月ですね。

夜空を魅了させるスーパームーンですが、
今年は、なんと
「スーパームーンと皆既月食」
同じ日に見られるという貴重な観測となります。

京都を含む全国各地で、約3年ぶりに観測できるので
多くの方が楽しみにしているのではないでしょうか。

 

そこで今回は、スーパームーン・皆既月食はいつなのか?見逃さないための時間帯やちょっとした雑学をまとめてみました。




スーパームーンが見られるのはいつ?月の出~満月までの時間帯

5月26日(水)夜

月の出 18時37.5分

部分食の始まり 18時44.6分 月の下側が欠け始め

皆既食の始まり 20時09.4分  皆既となる

食の最大 20時18.7分  月は最も暗くなる

皆既食の終わり 20時28.0分 皆既の終わり

部分食の終わり 21時52.8分

月は左側から叙情に明るさを取り戻す  21時53分頃

元の満月状態

月は午後6時44分から欠け始めます。

月の出の時刻が地域によって違います。
東京や仙台などでは、月食の一部始終が見られるといいますが、
札幌や西日本などでは部分食の開始は、地平線の下のため
まだ月が昇ってきていないので、既に一部欠けた状態で昇ってくる模様です。

 

今回の皆既月食の特徴

①観察しやすい時間帯に起きる
②皆既となったときの月の高度が低く、地上の風景と一緒に撮影しやすいこと

スーパームーンって何?ちょっとした雑学

その年に見える月の中で「もっとも大きな満月」をスーパームーンと言います。

月が大きく見えたり、月が小さく見えたりしますが、
それには、地球と月の距離に関係があります。

今回スーパームーンとして、今年1番大きく見えるのは、
地球と月との距離がもっとも近づいたということからです。

地球と月との距離の違いで名前も変わります。

地球と月の距離が近いほど大きく見えるのが、スーパームーン
地球と月の距離が遠いほど小さく見えるのが、マイクロムーン

月が地球を回る軌道は、円形ではなく楕円形をしています。
そのため、地球と月との距離は一定でなく
月と地球の距離はその時期で変わります。

スーパームーンと地球の距離:約36万km前後
マイクロムーンと地球の距離:約40万km前後

スーパームーンとマイクロムーンの違い

距離の差:約4万km前後

直径の大きさ:約14%

明るさ:約30%

 

スーパームーンからマイクロムーンに変わるまで
約半年くらいかけてゆっくりと変化していくため、違いは感じとれにくいようです。

スーパームーンの周期:約400日前後

「1年に1回」




皆既月食って何?ちょっとした雑学

地球は太陽の周りを公転して、月は地球の周りを公転しています。
この現象により、地球は太陽の光を受けると、太陽の位置とは反対の方向に影になります。

すると地球の影となったところを月が通ることによって、
月が暗くなったり、欠けたように見えるのが「月食」といいます。

月食が起きる時は、太陽・地球・月が一直線に並んだ、満月やそれに近いとき。

部分月食:月の一部分だけ欠けて見える

皆既月食:月が地球の影に全て入り込む

 

部分月食よりも皆既月食の方が珍しいので、
今回の皆既月食は、貴重な体験が出来る観測となります。

全国的に皆既月食が見られたのは、前回では、2018年1月31日
→今回:3年以来

1年で最も大きい満月の皆既月食が日本で見られたのは、前回1997年9月17日
→今回:24年以来

スーパームーンと皆既月食が重なることは比較的珍しく
前回では2015年9月28日で、皆既月食は日本からは見られませんでした。
→今回:6年以来

まとめ

スーパームーンが見られるのは、5月26日水曜日です。
月の出が18時37.5分に始まって、21時53分頃には、元の満月状態になります。

スーパームーンや月食のちょっとした雑学を知っていれば、月の見方も変わって
自然の神秘を感じ取れるのではないでしょうか?

5月26日は、夜空を見上げ、天文ショーを楽しみましょう♪




 

 

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


シャル・アンジュの雑記blog

プロフィール
会社員をしながらブログを書いています。
アウトドア派のアラフィフ女子です。
日々学んだこと、生活の中で役立ったことなど発信していきます!
どうぞよろしくお願い致します。