シャル・アンジュblog

menu

シャル・アンジュ

成功できないのはなぜ?行動と改善でみるみるよくなる方法

こんにちは。

会社員をしながら学んだこと経験したことを発信していきます。

今回は、

1.成功できない理由

2.成功は行動した結果

3.成功するための改善

について経験を通してまとめてみました。




成功できない理由

統計によりますと成功できないのは、9割以上行動していない若しくは、
行動していても成功しないのは成功の反対で、失敗だと思っています。
・失敗はいけない
・失敗したら終わり
このような考えでいるので、失敗を恐れて何もしようとしません。

たとえ行動していても、全力でアクセルを踏んではいません。
それでは、成功するのもできないですね。

行動しないパターン1

誰かが成功したということよりも
誰かが失敗したということを信じて
自分も同じように失敗したくないという思いの方が強いので
行動を起こさない

行動しないパターン2

行動しても一度や二度の失敗で「自分は無理」という弱音が出て
行動をやめてしまう。

失敗というよりも行動していなかったということです。

行動している人は、どんどん成功していくのに対して
行動していないとどんどん遅れていき、あの時やっていればよかったという
後悔だけが残るんですね。




成功は行動した結果

成功は、行動した結果であり、失敗も行動した結果です。
失敗を避けている限り、「成功はない」これは真実です。

何か新しいことに挑戦すると、失敗は当たり前なんです。
何もわからないところからやっているんですから。
もしも失敗したとしても
その失敗から学ぶことはたくさんあります。これが経験値なんですね。
その時は、失敗であっても次の行動に活かせる人こそが
「成功」を成し遂げています。

一度や二度失敗したからと言って
やめてしまうから失敗として終ってしまいます。
また、行動したところで、なぜ失敗したのかを学ばなければ
成功はありませんね。

うまくいかないのは、誰もが経験することで、
そこでやめてしまうか、学んで次に生かしていくかで
成功できるかどうかの分かれ道です。

成功するポイント3

1.成功するには失敗を恐れないこと
2.成功するには行動すること
3.せいこうするには失敗から学ぶこと

成功するための改善

成功するには、失敗を恐れず行動することが大事ですが、
ただ行動しているだけでは、進歩はありませんね。
失敗からどう改善していけばいいかがポイントとなります。

うまくいかないときは、
「このままだと何かを改善しなければうまくいきませんよ」
というメッセージです。

1.何が足らないのか
2.何を改善すればいいのか

次の行動に活かせるかどうかの大事な要素です。

今よりうまくいくためには何を改善すればいいですか?
今足りないものは何ですか?

成功するまで行動し続ければ今までの失敗はすべて過程にすぎません。
成功とは、最後に成功していればそれでいいということです。

まとめ

矢沢翼さんや堀江貴文さんといった超有名な成功者であっても
行動されて改善があったからこそ今成功されているんですね。
そんな大物をたとえてもピン!とこない話ですが(汗

周りがどれだけ「行動しなさい!」といったところで
本人が行動しなければ何も始まりません。

失敗を恐れて行動できない。
行動しようと思っても行動できないのはなぜ?

行動できずに立ち止まっている原因で解消したこと

インプットを増やすこと
本を読む
成功された人の話を聞く
成功された動画を見る
等々

今すぐ出来なくても、今できることを見つけて失敗してもいいから1歩踏み出すことです。
すると何かのきっかけで、スイッチが入る瞬間があるんです。
「今まで何で行動できなかったんだろう」と

苦しい時が長ければ長いほど経験値が深まります。
どんなに苦しくて誰にも相手にされないときだってあるかもしれません。
それでも行動し改善し続けることです。

成功という目標を見失わない限り
見方は誰も裏切らない”自分”という存在がいるから
すべては、自分カラーにひっくり返しましょう。

なので、失敗という定義は今日から改めましょう!




  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


シャル・アンジュの雑記blog

プロフィール
会社員をしながらブログを書いています。
アウトドア派のアラフィフ女子です。
日々学んだこと、生活の中で役立ったことなど発信していきます!
どうぞよろしくお願い致します。